アコスの住人
アコスの住人
動画25.2019年5月4日に撮影 https://youtu.be/yX_MNr9ycKw 新規に UDP-LX800/TH65GX850/CX-A5200。  TV視聴用(1.5h~2h)ポ…

マイルーム

 2019年5月の現状(令和元年5月)
 2019年5月の現状(令和元年5月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2019年(令和元年)5月の様子です。 この1年で変更があった部です。 サラウンドスピーカーに JBL 4319を採用(以前はBOSE 464) サラウンドバックスピーカーに …
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-65GX850
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • スピーカーシステム
    JBL 4312SE
  • スピーカーシステム
    JBL 4319

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

再始動 8. CX-A5200の「ん? why」を集めてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月25日

短い春だった・・ 四季が懐かしい(*_*)  今は二季なの?(笑)   暑さがモースピードで押し寄せて来そうです。  もう少し春らしさ(快適さ)を楽しんでいたかったなぁ~~  皆様のお住まいの地域は如何ですか?

 A5200については ソロソロ締めておいた方が良いかなと思い 今日までに分かった事をココに残しておきますね。 基本的にWhy?&解決(と言うか納得)編です (笑)   **注意 : 長いです。


 ここ数か月で TV・プレーヤー・そしてアンプと 一気に新顔が仲間入りして ほとんど使いこなせていませんが 目立つ不具合も無く 楽しく推移しています。 また 昨年は怒涛のスピーカーの入れ替えが起こり この辺りも あれよあれよで・・・ 一新と言えば 一新ですね。


 本来、入れ替えと言うモノは・・ その結果や違いを楽しむものなのだが この短期間に コレだけの量が変わると 何が良くて 何の効果なのか さっぱり分からず(笑) ちょっとモッタイナイ感覚にも陥っています。  まぁ- 一応 購入時には自分なりに吟味をしているので(笑) 納得はしている物の 試聴や比較はしてませんから 怖い怖い博打ですね。  もっと個々のモデルに どう違ったのか?を日記に記して於けば 役に立つ資料になるのかもしれないのだが・・ (反省)


 ではCX-A5200についてです。

購入動機は前にも記していますが 2ウェイポジションでのサラウンドの充実の為です。 2ウェイシアターを実行されてる方は案外多くて TVの前にスクリーンを下げて 普段の視聴はTVで見て 特別な時はスクリーンを下げて大画面&サラウンド と、言うのが王道な2ウェイでしょうね。  ウチも今までは ソーであって TVを真剣に見る事は無くBGV的な存在でした。 ですから音響はスクリーン様に作り上げていました。

 そこに来たのが 今 流行りの4kTV。 TVはどーでも良かったのだが ひょんな事から50のプラズマは買取にとなり 次期モデルには案外安く買えたパナの65のTVがスッポリ嵌りました(笑)

 とは言っても65インチ。 スクリーンの150から見ると1/4の大きさ(小ささ)に過ぎません。 スクリーンでの視聴ポジション約4.5m離れてでの視聴です。  この距離だと65のTVじゃ物足りない!   だが この超高画質! 近寄って見ても全く破綻がありません。 1.5h~2h、距離にして1.5m~2mで見ても美しいのです。  コレは生かしたい!  映像だけではなくサラウンドでも生かしたい!  しかし 普通のAVアンプはポジションは1ヶ所。  マルチポイント測定のモデルでも 複数人での視聴がターゲットであり 2mも離れた一人での2ヶ所でのポジションと言う発想は無いのです。  そこにTACKA様からのお言葉が・・「あるよ!」って(笑)   それがYAMAHAです。


 ヤマハの自動音場測定「YPAO」は お一人様視聴用の「シングル測定」と複数人視聴用の「マルチポスト測定」があります。  アソコ(MのA)の様に漠然と最大8ヶ所なんてテキトーな事は申していません(笑)


 先ずはスピーカーの有無&大小からの測定ですが ここで発生した「ん?な点①」です。 事前に「スピーカーのセッティングの様子を入力して下さい」とあるので センターSP有り、サラウンドとサラウンドバックアリ、それぞれが「ラージ」(大スピーカー)とインプット。 エフェクトスピーカー(ヤマハ流呼称)に関しては トップ(天井設置)に4本と小スピーカーとインプット。

だがですよ(上が結果)・・・ エフェクトスピーカーの扱いが変! ①何故かラージ。 それも同じスピーカーにも拘らず 一方はスモール、一方はラージ。 場所もトップスピーカーからフロントエフェクトスピーカーに移動?(笑)  う~~ん 謎だ! 


 これに対しての正式な回答は・・・

「YPAOの3次元測定は、視聴位置からの仰角や水平方向の角度から実設置がハイトとオーバーヘッドのどちらの条件に近いかを計測判定しており、お客様の環境での測定結果はハイト設定が最適であると判定されていると考えられます。 測定結果による角度やハイト/オーバーヘッド設定はDolby Atmosなどのオブジェクトオーディオのレンダリング設定とCINEMA DSP / SURROUND:AIの音場空間の演算に適用されており、表示や設定上の見た目ではハイトスピーカーとして表現されていても、実スピーカー設置において適切な効果となるように内部処理されています。
 なお、最終的にお客様の好みでオーバーヘッド設定を選んでいただくこともできますので、測定後に手動で切り替えて実際にご視聴いただき、お好みの設定を選択していただけましたら幸いです。」

 う~~ん 難しい。 (笑)



 YPAOの絡みで「ん?な点②」が発生。

他社には無い(よね?)3次元測定の結果について。 3次元測定とは基準となる測定ポイント(視聴位置で耳の高さ)のマイクの位置に専用冶具をセットして前方1点、斜め後方で2点、そして30cmほどの上部で1点の計三点での測定を追加するものです。  ↓ コレが専用の治具

 これにより、リスポジから見た(測った)フロントスピーカーの角度、リアスピーカーの角度、トップスピーカーそれぞれの角度が計測され、それとトップスピーカーの高さが計測されます。 これにより3次元的に スピーカーが何処に設置されているのかが・・・ アンプに記憶されます。  結果が ↓ コレ。
角度の結果

高の結果

 まぁ-アノ程度の測定音で どの程度の正確性が有るのか?と、 大きな声じゃ言えませんが(笑)努力は買いましょう !(^^)!

 まぁー このデータを元に ヤマハ式【CINEMA DSP HD³】+【AI】?が出来上がるのでしょうね。  よって コレを元に出来上がった ヤマハ式サラウンドは私は大いに支持しますし ストレートで聴く物足りなさは払拭されています。

 ウチの2ヶ所とは 場所が2か所であり 前後で2mほど離れています。 これはYAMAHAでの発想には無かったようです。 要はカーテンの開け閉めや、人数の違い(取説にはこの程度の記載)これで2パターンが必要なのかは分かりませんが・・・ リスポジから見たスピーカーの位置の大きな変化は想定外だったと思われました。  それは何故? 

 測定結果はパターン1.2と表示は個々にですが可能であり 修正も可能です。 またオリジナルはメモリーがされていて それを呼び出して最初からやり直す事も可能です。  ところが・・・ 3次元の結果(角度と高さ)だけは 後の測定だけが表示されて 角度の高さも変わって仕舞う我が環境では「どうして?どうして?」と2度3度と測定して確認する事になりました。 「使い方が間違ってるのかな? それとも勘違い?」 この事項をYAMAHAに問い掛けました。 その回答が・・・

『仕様につきまして関係部門にも確認をいたしました。 いただいた操作方法でスピーカーの角度/高さ測定の結果は、今回メモされているパターン1と、パターン2の数値が異なる場合、パターン1、パターン2にそれぞれテレビ用、プロジェクター用の測定値が認識・保存されております。 ご指摘の「角度、高さ測定」はYPAOの結果表示専用で、最後の測定の値を表示する仕様です。 パターン選択に伴って「角度、高さ測定」の表示が変わる仕様にはなっておりませんが、その他パラメーターと共に保存され、補正処理に使用されておりますので、ご安心ください。』

と、回答を頂きました。  表示はされぬが結果はちゃんと反映されてる! と、信じる事としました。  まぁー この点についても取説に一言載せれば済みそうですが ココは改善を願いたいですね。   回答の前後には お詫びや指摘に対する感謝するコトバが載っています。  真摯的な対応にはアソコとは違うと思ったりして(笑)


 そして最新の「ん??③」です。 

ヤマハサラウンドの真骨頂はCINEMA DSPであり この技術を生かしきるための「AI」は最高の出来だと思っています。  ですがオリジナルも聴いてみたくなりますよね・・・  それが「STRAIGHT」と言うボタンになります。 ストレート 読んで字のごとく独自のDSPや ドルビーやdtsの拡張もしない オリジナルな筈ですが・・・
入力dts-HD5.1chソフトでも出力は7.1chに STRAIGHTでも

入力DTHD(DolbyDigitalTureHD)5.1chソフトでも7.1chに

 何故かDOLBYでも DTSでも(確認はHDのみです) 5.1chが7.1chに拡張されて仕舞うのです。  ストレート・・・ じゃないですよね。  の、回答です。

 『CX-A5100がサラウンドバックを含む7.1ch以上の環境の場合、DTSの5.1ch音声に対しては、必ず拡張サラウンドを働かせるようにDTS社から要求があり、このような仕様になっております。 Dolby系の音声も同様の動作になりますが、こちらは音源によって動作が異なると混乱するため、同じ動作になるようにしております。』

 と、・・・ どうやら大人の事情。 サラウンド的には異端児的なヤマはだから 大人の事情で縛られてる様ですね(想像)  ヤマハは3世代前から この仕様のようです。(ですから 今頃騒がないで!とお叱りもある?)  因みにですが DTS-HD 3.1chの「シン・ゴジラ」は3.1chのままです。 

5.1ch未満のソフトは縛りから関係ない様ですね。 5.1ch未満は「シン・ゴジラ」しか所有していないので 他は誰かに確認して頂きたいです。 またリニアPCMは縛られないと言う事です。 これは後程確認してみましょう(笑)

因みに3.1chは拡張しても 写真の様に5.1.4までです。 何故かは分かりません。 Mは7.1.4だったと記憶していますが。
この大人的な事情による仕様は自分的にはどーでも良い事なのですが「STRAIGHT」と謳う以上は無加工のストーレートであって欲しいモノです。  一言、この事情を取説にでも載っていれば大した問題じゃないのですが・・ (たぶん無いと思います) 不思議な縛りですね。  セットアップで サラウンドバックを「無し」にすれば 5.1chのままらしいですが(笑)


 まぁ- 以上3点が気になった点であります。(4/25現在)  ですがYAMAHAの対応も迅速で素晴らしく 自分的には納得しています。 当分は使って行けそ-ですね・・・(笑)   兎にも角にも 素晴らしぃ音場処理は久々に興奮しています。 (この結果はアンプだけの問題ではないと思うが・・(笑))   購入する前には 各所で下調べをしましたが 問題視されていなかった点を上げました。  まぁ- 下調べ不足で 既に挙げられていた事なのかもしれませんが・・  そんな時は「今頃ですかアコスさん」とバカにして下さい (爆) 

 
 最新作は欲しいトコロですがただ今自重中! 古い作品だろうがA5200は 今まで以上に美味しく聴かせてくれています(笑)   サラウンドの方は4429のW使用を核とした構築ですが ステレオで聴く4365が 実にまた良いのです。(配置を変えた効果があるのか?)   今年は視聴に没頭出来そうですよ ヽ(^o^)丿 


 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. アコスさん こんばんは。

    連休は万全の態勢で迎えられそうですね、設定に関してはメーカーも個々のユーザーも最適解は妥協解ということでそれぞれの環境に応じて快適値が得られればいいってことですかね。AVの沼はオーディオよりもダイブ浅そうなのが良い処かもです。

    byぺぶるす at2019-04-25 22:11

  2. アコスさん おはようございます。

    角度の結果と高さの結果が同じですが
    角度の結果も度でなくm(メーター)で表示されるのですか?

    byふかひれ at2019-04-26 05:01

  3. ふかひれさん

     朝から厳しい突っ込み あざーーーーす。

    リストの写真が小さくて よく見えないんですよ❗ 

     とっとと 直します m(__)m

    byアコスの住人 at2019-04-26 09:25

  4. ペブルスさん

     連休は万全じゃないです(笑)

    決まってるのは 29日だけ。 5月は白紙です(爆)  土・日・祝・・・ 関係ないです。   サービス業とも違うんですが、全ての者が休んでは休日にはならない❗  何処かに行けるのも、何処かで楽しめるのも、そこで働いてる方々のお陰ですからね(笑)  私はちょっと違いますが、会社が休んでしまうと、困ることが起きてしまう様なお仕事です。  ただし、土・日・祝の分はちゃんと休ませる優良企業なので(笑) ゴールデンマンス(月間)には成りそうです(爆)

     ステレオもサラウンドも 何処かで妥協ですよね。 上見れば果てしないですから(笑) でも上は目指すし それを辞めたら面白く無いっしょ❗。

    byアコスの住人 at2019-04-26 09:36

  5.  直しましたよ・・・

    ふかひれさん。 

    byアコスの住人 at2019-04-26 09:53

  6. こんにちは、アコスさん。

    一昨日、事務所の引っ越しでバッタバッタのkaku18です。
    未だにオフィス関係がまともに動かないです。
    ・・・これだからマイクロソフトのアプリは(以下、検閲済み)

    っと、愚痴は、さておきレポートありがとうございます。
    大人の事情や、不具合(または不親切?)としか思えない取説や仕様はさておき、音場補正機能に限っていえば、デノマラ(オーディシー)よりも、ヤマハ(YPAO)の方が一日の長があるといったところでしょうか。

    個人的には、ニューラルXによるアップサンプリングの適切さも相まって、オーディシーによる音場補正効果は素晴らしいと感じています(距離等の正確さはあれですが(汗)、出てくる音は素晴らしい)。

    これよりも素晴らしいとなれば、ヤマハの製品も体感しないわけにはいかないマニアの性(笑)

    ヤマハからもNR1609のような薄型の「いかした筐体」のやつが発売されればいいのですが、この辺りの野暮ったさがヤマハ(というか国産メーカー全般)、っぽいところなのがニントモカントモです。

    bykaku18 at2019-04-26 13:05

  7. kaku18さん

     連休直前でのお引っ越しですか!??  お疲れ様です。   オフィスがまともに動かないと言うのは ソフトの事だったんですね(笑)  鍵が開かない! 電気が来てない! 水道も出ないぞ! ではないんですね ヽ(^o^)丿

     YPAOがとても素晴らしいとは言うには イヤイヤそこまでは・・ でしょうね。  あの3次元的な測定で 角度や高さを計測して 音場処理のデータとして 活用すると言う発想は素晴らしいと思います。

     ただ 素人目に見て(聞いてか?)もっとシッカリと出来そうな気もしますね。   測定の為の音は 例の雑音です。 audysseyと同種です。  確かに 短時間で終える事も重要ですが もっと違う音の種類を発して 周波数特性やら 音量バランス その位置の確定に 使っても良さそうなのですが・・・   もう古い事なので忘れ掛けていますが 色んな種類の信号音で測定していたメーカーもあった様に記憶しています。  個人的な見解ですが・・・ あの「ザァ- ザァ- ザァ-」だけで 精度の高い結果が出て来るとは思えなくてね(笑)  もっと時間を掛けてもらった方が 心情的には嬉しかったりしますね。。

     音場処理の結果は満足出来るレベルなのですが 一体何をしてるかが分からないのが「AI」ですね。  視覚的に「今こんな事してますよ~~」的なグラフィックは出してくれてますが アレもイマイチ分からない (*_*)   ストレートもストレートにならないんで(泣)何を加味してるのかも不明。  ただし 結果が出てるんだよな~~  オモチャみたいに モードだらけなんだが 上手く使ってると言う印象です。  色んなソフトを楽しんでいます。


     気が向いたらYAMAHAに鞍替えして下さい。  RX-S602も イケメンじゃないですか? (笑) 5.1chまでの対応ですが・・・。

    byアコスの住人 at2019-04-26 16:26

  8. アコスさん おはようございます。

    訂正ありがとうございます。

    ところで、TOPスピーカーの位置は以前と変更したのですか?
    以前のままだとするとTVモード時は後ろ過ぎません?

    byふかひれ at2019-04-27 07:23

  9. それは大丈夫ですよ・・・ ふかひれさん (^0^)/

    ソレが出来るのが2パターンでの測定と それぞれでの視聴です。

    ヤマハの場合、距離と音量だねじゃなく、角度と高さを計測する三次元です。 スピーカーの位置をピンポイントでアンプが把握していますので、多少の無理は利きます(笑)

    以前の状態(ポジションだけが前にあり、スピーカーコンフィグはスクリーンポジションのまま)とは 次元の違うサラウンド感になります。 せっかくの高画質(TV)なので、高品位サラウンドも大切ですね(笑)

    byアコスの住人 at2019-04-27 15:05

  10. アコスの住人さん、こんばんは。

    怒涛の入れ替えで一気に変わりましたね。
    CX-A5200の機能を生かして2wayシアター、楽しそうです。
    各メーカーで使い方に対する想定が違うようですから、自分に合ったモノを選ばないといけませんね。





    …実は、アコスの住人さんに触発されてイロイロと画策しておりました。
    結果は全く別の方向に行ってしまったのですが(汗)

    byfuku at2019-04-27 21:59

  11. fukuさん

     低価格で この機能は有難いです。  逆だったら 実現は難しかったかもしれません(笑)

     
     画策・・・  見ました。   別? イヤイヤ目指すトコロは一緒ですよ !(^^)!

    byアコスの住人 at2019-04-28 18:22

  12. アコスの住人さん

     こんばんは!コメントいつもいただきありがとうとざいます!

     自分はシアター関連について疎くなかなかコメントし辛いので今回は挨拶だけさせて頂くためにこちらに書かせていただきました。
     あと、疎い以前にホームシアターやるには物理的な広さ(及び軍資金)が足りないという致命的な問題もあります・・・。
    大変拙い文章で恐縮ですが今日はこのへんで><

    bynakki7 at2019-04-29 22:59

  13. nakki7さん

     いやいや大丈夫です。  自分もネットワークオーディオ系? そもそも横文字や数値ばかりが並ぶ系は苦手ですし、アクセサリー系も苦手です。  よってそれらに対してのレスは心が込められません。  何処かで「それって無駄じゃないの?」と思っていたりしています(笑) 

     また両立はダメですね~~ どっちも完成度が落ちます。  その狭間での格闘ですから(爆)  どちらかを諦めれば もっと良くなる事は分かってはいますが もう後戻りは出来ませんから(笑)  どっちも 楽しィ過ぎて‼️

     
     何々? 広さと軍資金がって・・・  \(^o^)/   後程 お邪魔します(笑)

    byアコスの住人 at2019-04-30 07:24

  14. アコスさん、、こんにちは!

    本日もお仕事ですか?お疲れ様です。私も仕事でしたが…。(^^;)

    レス遅くてスミマセン。このサイト、前にもグチりましたがスマホだとまともに書き込み送信出来ないもので…。"(-""-)"


    ・「変! ①」

     私もです。(笑)フロントハイト(壁掛け)はラージ。リアハイト(天吊り)はスモールで当初100Hzでしたがサブウーハーの移動で80Hzに…。(^^;)

    ・「ん?な点②」

     5100の時は角度と高さの測定結果は測定した時しか確認出来ず、保存すると2度と再確認出来ない仕様でヤマハさんに改善依頼してました。アコスさんのお陰で更なる改善がされる事を願ってます、(笑)

    ・「ん??③」

     たしか5100の前の一体型を使用時に気付き私も問い合わせた事がありました。(笑)
     DTSが…、という詳細はありませんでしたがたしか「仕様です」と…。( ̄▽ ̄)

     次回の「ん??④」も楽しみにしてますよ!(笑)

     そういえば便利なアプリはお試し頂けたでしょうか??

    byTACKA at2019-04-30 17:45

  15. 先輩(TACKAさん) ありがとうございます。

     そうですね・・ スマホは面倒見たいですね。  タブレットでも運が悪いと 後半が欠けています。  それが後で気が付くので厄介です(笑)

     まぁ- 音元さんには 頑張ってもらうしかないね。 

    ① 同じ方が居て ホッとしました(笑) ちょっと不思議な症状ですよね。  大と小の関係は スピーカーの破損にも関係するので手直しはしていますが 場所は測定のままです。  どう変えているのか? イコライジングしているのか?は不明ですが その位置での役割があると判断してる訳なので それは変更しません。

    ② と言う事は良くはなってると言う事ですかね。 私は一応、シーン1と2でちゃんと記憶してるとのコトバを信じていますが・・(笑) まぁ- ちょっと不信感ですよね(爆)  表示だけなんだから バージョンアップで改善して欲しいですね。

    ③ DTSに屈した・・・ dtsなんて事実上ない様な会社なんだから 無視しちゃえば良いのにね(笑)  ヤマハはソフトのフォーマットに対して 自己のCINEMA DSPを どうにかして掛け合わせたいんだよね。  コレは私は肯定的なので構わないのですが・・・ ストレートくらいは良いじゃん! ですよね。 

     まぁ-  色々と苦言を飛ばしていますが 私は気に入っていますよヽ(^o^)丿  AIのお陰で「何がいいんだ!(サイファイとか、アドベンチャーとか)」と悩まなくて済みますしね。 

     懸案のアプリですが・・・ 私が所有してるタブレットでは古くて(泣)対応出来ませんでした (@_@。  よって試せませ~~ん。  僅か数年なんだけどな・・・  オーディオ的には一世代なんだけど PCだと何世代も経過しちゃうんだね。

    映画『インターステラー』の 未知の星では1時間が地球での1年に当る・・・ と、同じ感覚だ(笑)


    時々出現する「ん??」はマダマダあります (笑) また 共感を求めるために 時々記していきますね。

     明日も 明後日も 明々後日も 仕事です。  稼いでいます(笑) 

    アコス…。

    byアコスの住人 at2019-04-30 21:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする