アコスの住人
アコスの住人
動画27。 2020年8月20日撮影 https://youtu.be/2tJHlc7X3A4 ハード機器、セッティングなどの変更はありません。 パワーアンプ用の電ケーを変えた(自作)した程度で…

マイルーム

 2019年10月の現状(令和元年10時月)
 2019年10月の現状(令和元年10時月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2019年(令和元年)10月の様子 TD725swを一基迎えて スーパーウーファーのツイン仕様となりました。 センタースピーカーのツイン仕様に続く暴挙です ウーファーの置き場変更に伴…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-65GX850
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • スピーカーシステム
    JBL 4312SE
  • スピーカーシステム
    JBL 4319

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

今日の一枚。 GEMINI MAN (ジェミニマン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月16日

今日の一枚は・・  2019年のアメリカ作品 ジェミニマンです。

ウィキペディアによると 興行成績は振るわず赤字作品。 評論家の一致した見解としても落第点を与えられた散々な結果の様です。
今年3月にBD(\3990)&UHD(\5990)が発売されていましたが 先日に廉価版BD(\1886)が発売されたので ソレを購入致しました。

実のところ あまり期待していませんでしたし どーなのかな?と思っていたので廉価版の登場まで待っていたのが本音です。  主演のウィル・スミスは好きななのでSF/アクション系は持っていたい一枚ですので・・

引退を決意した伝説的なスナイパー「ヘンリー」を演じるのがウィル・スミスです。

 ストーリー的には「俺 vs 俺」なのですが・・ 51歳の俺 vs 24.5歳設定の俺の戦いです。  若き俺は「クローン」と言う設定で コッチはオールCGの様です。  四半世紀前の本人のデータをCG化したとか? 最初は違和感があったCGですが 途中からはそれを忘れさせる様な出来。  本人同士の格闘はどーしたんだろう? ホント素晴らしい出来でした。
CG?


出演者(味方)
最近よく見る方! いい味出しています (^^)/  元同僚設定ですが その活躍は無く・・ パイロット設定なのかな? 

キレイなお姉さん。  登場は女子大生設定だったが・・ ちょっと無理?(笑)  格闘も意外にイケた 頭の良い役。

敵の方々は言いません。 映画を見て楽しんで下さい。

BDは英語atmos。 日本語D.D。   私的には「吹き替えって要るのかな?」派なので 日本語は無くても良い。  字幕だけは必須ですが・・(笑)
洋画BDの中には 吹き替えでもロスレスが多いですが まぁ-制作が大変ならステレオでも良いと思ってるし 子供向けじゃない限り要らんのでは? 
廉価版でもatmos作品が多くなり嬉しい限りです。 ずば抜けたatmos効果は少ないと言えますが 最近のDTHDは骨太音響が多く 私は喜んでいます。  この作品も 骨太3D音響が随所にあり 楽しめた作品でした。
また BDなのに 映がキレイでしたね~~  ウチはフル4kUHDには未対応ですが UHDだったかな?と思わせるほどのキレイさでした。

 そして ちょっと気になったのが 画角サイズ(アスペクト比)。
映画と言えば 最近の主流は「シネマスコープ」ですかね? これにも色々とあるようですが・・ 代表格は『2.35:1』(21:9)の様ですね。  TVは16:9ですし スクリーンも基本は16:9なので  シネスコ映画では 上下に黒帯が出てきてしまいます。  大きなTVやスクリーンでも ちょっと勿体無くて 小さく感じて仕舞う結果ですね。

今日のジェミニマンは「ビスタサイズ」で『1.85:1』(16.65:9)なのです。 これだとスクリーンの全部がカバー出来(と、言うより使用出来) いつもより大きく見えるんですね。  妙に新鮮で(笑) 得した気分です。  迫力が違いますね ヽ(^o^)丿 

人生の半分は4:3で育った私なので 16:9が限界かな?(笑)  シネスコだと 勿体無く感じてしまう (*_*;    ご存じでした? DVDの創成期の時代 画角サイズを選べたんですよ! ソフトに設定が有って・・  まだ4:3B管が主役の時代 映画と言えば「横長」が普通でしたので クレーム回避のために 選択権を与えていたんでしょうね。  当然左右カットなので(笑)映画情報としては欠落なんですがね。  昔の放映は みなソーだったからね。  今の人たちにはピンとこない話題でしょうが (爆)

未見な方 騙されたと思って 見てみて!  面白いから。。 

アコス。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ご無沙汰です。

    一人目の男優はアベンジャーズシリーズで本名の「ウォン」役で出演しているベネディクト・ウォンですね。キック・アスとかプロメテウスなどにも出ています。

    二人目の女優はダイ・ハードシリーズに出ているメアリー・エリザベス・ウィンステッドですね。1984年生まれなので、さすがに女子大生はきついですね。

    映画のフォーマットはシネスコは確かに大多数ですが、ホームシアターのスクリーンを考えると、16:9は一番お得な選択だと思います。ホームシアターでは横幅でサイズが決まってしまうこと、つまりシネスコスクリーンではビスタの映画やTV番組を観るときに小さいサイズにせざるをえなくなってしまうからです。最高画質のIMAXは元々は4:3ですが、パッケージソフトになると16:9というのもあります。私はシネスコの映画を観るときは、字幕を映像の外側にずらして映像の邪魔をしないようにしています。

    by元住ブレーメン at2020-10-16 21:08

  2. ブレーメンさん

     小ネタまで 入れて頂きありがとうございます。  (^-^)v

    お姉さんは ダイハードの娘でしたね。 あれも既に10年以上も前の作品で 当時としては年齢にマッチしてる役柄でしたが 今はキツイですよね (笑)  主婦のアルバイトと言う設定でしょ!  大学院生と言う時から 怪しいですからね。   それでも おキレイになられたので嬉しいです。   ウォンさん もっと格闘や銃さばきで活躍してくれたら より面白かったと思う。

     サイズの件。 色々と勉強に成ります (_ _)   上下が埋まらないと 小さく見えて仕舞いますね。  私の使ってるプロジェクターは サイズ(要はズーム)や位置を いく通りかメモリーが出来るので 16:9以外でも スクリーンいっぱいに成る様に呼び出しては視聴をします。  プレーヤーは字幕の移動が出来てる 其を覚えてくれるので この機能も重宝ですね。

    そうそう IMAXも良いですね (^-^)v  ただ、混在作品だと はみ出てしまうので それに気がつくと シラケてしまう (笑)

    byアコスの住人 at2020-10-17 07:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする