takabon
takabon
2002年12月に完結型ホームシアターセット YAMAHA DVX-S100を購入して以来のホームシアターファンです。 Philenumber 545 です。  今まではDVD購入に力をいれていまし…

マイルーム

映画館「東雲(しののめ)」
映画館「東雲(しののめ)」
持ち家(マンション) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / 8ch以上
2008/07/06(土)、今までの一体型システム(DVX-S100)から念願の YAMAHA DSP-Z11 と B&W 703 CM-1他で11.1chシステムを構築しました。 Blu-ra…
所有製品
  • 一眼レフ ハイクラス
    NIKON D810
  • その他オーディオ関連機器
  • セットステレオ
    DENON RCD-M39
  • その他ビデオカメラ/関連機器
    PANASONIC HDC-TM90
  • 電源ケーブル
    OYAIDE TUNAMI GPX

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

オーディオに強くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年05月04日

講談社 BLUE BACKS 「オーディオに強くなる」
中島平太郎氏(現CDs21ソリューションズ会長)がS48年に書いた物です。

ずっと読みたいと思っていたのですが、廃版になっていて手に入れることができずにいました。
古本屋でも回ろうかと思っていて、ふと自宅本棚を見てみたらなんとそこに燦然と鎮座しておりました。
S60年第25刷なので22年前に買っていたのですね。
しおりを見たら36ページに挟んでおり、当時はそこで挫折したのでしょう(^^;)

当時のオーディオの世界を知ることができます。
レコード、テープ、FM録音の時代で、そう言えば高校の頃はよくエアチェック(死語?)したものです。

具体的な図やグラフを多用して工学博士らしい科学的な解説になっています。
感性で機器を評価する一部の評論家の文章とは一線を画しています。
オーディオの知識の基礎を固めるべく、今回は読破しようと思います。

5/3 NEKOMARU さんの日記風に本の紹介でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 亀レスで申し訳ありません。
    私の日記もご紹介いただき、ありがとうございます。

    「オーディオに強くなる」懐かしい本ですね。
    アマゾンのマーケットプレイスに出品されていましたので、早速買ってみようかと思います。

    byNEKOMARU at2007-06-15 16:07

  2. レスありがとうございます。
    なかなかむずかしい内容です。(私にとって)
    グラフなどどう読んだらいいの?!っていうものもありますが少しずつ進んでいます。
    NEKOMARUさんもじっくりトライしてください。

    bytakabon at2007-06-15 23:29

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする