X0
X0
2008年3月に専用シアタールームを構え、 アニメ視聴を中心にのんびりAV趣味を楽しんでいます。 ゲームや音楽、映画鑑賞もたまには堪能しますが、 基本はTVアニメ編集(鑑賞)が主体です。 …

レビュー/コメント

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

X0さんのマイルーム

ブラックルームが進化したx3(2013年6月)

コメント

2008年3月に新築した際に設けた約24.3畳のオーディオ・シアタールームです。
室内施工はNEXT様による『ブラックルーム』仕様。
電源、照明環境はEMC設計様に施工して頂きました。
 ※ 下記★印が新築以降の変更点です。

(電源、照明共にEMC対策済。
 電源環境に関してはブラックルーム9回路、リビング3回路の
 計12回路をEMC designスペシャル分電盤で完備済)

ブラックルーム正面側です。

★フロントSPはPioneer S-1EX。(2013年6月導入)
バランスに優れ、極上サウンドを再生してくれるハイエンドモデルです。
足場は御影石+自作SPスタンドで底上げして、視聴時の耳とトゥイーターの高さを揃えています。

スクリーンはStewart StudioTek 130の
150インチワイドのスナップパネルデラックスモデルを使用しています。

スピーカー足元には自作の『拡散パネルSP2』を設置。

★スピーカー背面、側面には
『拡散パネルSIDE1(防音ドア用)』
『拡散パネルSIDE2(フロントR用)』
『拡散パネルSIDE3(ステップ部分LR用)』『拡散パネル4』(スピーカー側面、背面)
自作設置し、音響対策を施してあります。(2013年5月完成)

【使用機器】
 スクリーン  :Stewart StudioTek130(HD130)
          150インチワイドのスナップパネルデラックスモデル
 プロジェクター:JVC DLA-X70R(有償アップデート済)
 BDレコーダー : SONY BDZ-ET1100
 デジタルトランスポート:Pioneer N-70A

 フロントSP  :Pioneer S-1EX
 リアSP    :Klipsch RB-35(C)
 SPスタンド  ;Pioneer CP-A77(リアSP用)

 AVプリアンプ ;Integra DTC-9.8
 8ch.プリアンプ;BELLTECH 8P-2A
 D/Aコンバータ付きプリアンプ:BELLTECH DA-2
 パワーアンプ :BELLTECH PW-2(フロント、リア各1台)

 リモートコントロール;SpeakerCraft IRC-3.0 KIT
 学習リモコン ;SONY RL-PL500D
 シアターチェア;Low-YA! vg-grast
 
 HDMIケーブル:HORIC HDM15-891GD1.0m(BD音声用)
           HORIC HDM15-894RD1.5m(映像用)

 デジタルケーブル(光);SAEC OPC-Z1 1.0m
 デジタルケーブル(同軸):BELLTECH 703(RCA→BNC)1.0m (iTransport→DA-2)
 スピーカーケーブル ;BELLTECH 201 4mペア(フロント用)
             ;TARA LABS Prism OMNI ST-8N 5mペア(リア用)
 ラインケーブル  :BELLTECH 901改 1m(XLR→RCA) x6本
               ※DTC-9.8→8P-2Aへ4本/DA-2→リアPW-2へ2本接続
           :BELLTECH 901 10m(RCA→RCA) x2本
               ※8P-2A→フロントPW-2(床下配線済)
           :WBT-0144+TARA LABS Prism100A-8N 1m
               ※EMC設計オリジナル/8P-2A→リアPW-2のRチャンネル
           :ortofon 7N-HiV100D 1m
               ※8P-2A→リアPW-2のLチャンネル

 電源ケーブル    ;EMC design LineaAC(純銀5N単線タイプ)x5
              EMC design LineaAC(8N銅タイプ) x3
 LANケーブル     :SANNWA SUPPLY KB-T7-50W (50m巻きタイプ)

 オーディオボード;オーディオムカイ 光明御影石 MIGR_11(30x500x500) ※PW-2用
            オーディオムカイ グレー御影石 MIGU_29(40x750x600)x2 ※SP用
 インシュレーター;OYAIDE INS-SP x3set
            自作 (型番無し) ※リアSP用

 冷暖房 ;PS HR-C ブラック仕様 特注
 ロスナイ;三菱電機 VL-18URH2 つや消し黒色サテン塗装
 防音ドア: YAMAHA 木製防音ドアDUGK0820ALR/L(つや消し黒色塗装済)

ブラックルーム後方全体です。

シアターチェアは楽天市場Low-YA!様のvg-grast
脚部はつや消し黒色塗装をしてあります。(現在オットマンは未使用)

リアSPはKlipsch RB-35(C)
高能率でゴリゴリ鳴ってくれる荒削りのサウンドが特徴的です。

また、ブラックルームでは正面側、後方側の左右計4ヶ所に
スーパーウーファー(以下、SW)接続用のケーブルと
RCA端子(メス)を隠ぺい施工してあるため、
SWを後方にも設置可能です。

シアター後方には画像の右から左へ
自作の『拡散パネル1』『拡散パネル2』(計2台)
『拡散パネル3』を設置しています。
キャスターと蝶番付きなので、移動、分解も容易です。

ブラックルーム後方の備え付けのAVラックです。

★2011年11月にEMC設計様と大工 白井様に新作して頂いた
完全オーダーメイド品です。(現地で現物合わせ済み)

天井から床下までの独立構造になっています。
サイズは全体で
幅880mm x奥行750mm x高さ2000mm(床下から2380mm)もあり、
スピーカーのエンクロージャーにも使われている
タモ集成材を使用しているため、非常に硬いです。

棚板だけでも大きさ30x800x750mm、重量10kg前後と
ビックサイズで配置変えも一苦労です。
 (放熱用のスリットも各棚板に3本有)

上段から
Victor プロジェクター DLA-X70R
Integra AVプリアンプ DTC-9.8
SONY  BDレコーダー BDZ-ET1100と
その左隣の白い機体が
デジタルトランスポート Wadia 170 iTransport

BELLTECH 8ch.プリアンプ 8P-2A (つまみがたくさんある機体)
BELLTECH D/Aコンバータ付きプリアンプ DA-2と
BELLTECH パワーアンプ PW-2 (最下段)
を設置しています。

上記AVラックの背面です。

★電源回りも2011年11月のAVラック新作に伴い、
EMC設計様にコンセントBOXの制振と
コンセントの電源ケーブルの遮光対策

あらためて施して頂きました。

★また、2012年6月にハイエンドケーブルのBELLTECHケーブルを
複数導入したことで
音質が飛躍的に向上しました。
足元の白いケーブルはアンテナケーブルとLANケーブルです。

【オーディオ機器接続】

BDレコーダー SONY BDZ-ET1100

 ↓(SAEC OPC-Z1 1.0m[オプティカル])

AVプリアンプ integra DTC-9.8(ボリューム全開/+18.0db)
デジタルトランスポート Wadia 170 iTransport

 ↓ (BELLTECH 901改[XLR→RCA] ※DTC-9.8→8P-2A)
 ↓ (BELLTECH 703 [RCA→BNC] ※iTransport→DA-2)  

8ch.プリアンプ BELLTECH 8P-2A(アナログボリュームで音量調整)
D/Aコンバーター付きプリアンプ BELLTECH DA-2

 ↓ (BELLTECH 901 1m(RCA→RCA)他 ※上記使用機器参照)

パワーアンプ BELLTECH PW-2)

 ↓ (BELLTECH 201 4mペア[スピーカーケーブル])
 ↓ (TARA LABS Prism OMNI ST-8N 5mペア[スピーカーケーブル])

スピーカー Pioneer S-1EX  ※フロント
      Klipsch RB-35  ※リア
      


放射冷暖房システム PS HR-C ブラック仕様 です。
ブラックルーム左右の壁に1台ずつ設置しています。
外観がアルミなので、キンキン鳴ってしまうのがちょっと気になります。


上記写真のように夏はヒートシンクのような外観が水滴を発生しながら、
除湿をし、鍾乳洞のようなひんやりした涼しさを提供してくれます。

冬はヒーターのようなじんわりした暖かさで室内全体を包み込みます。
(しかも、触ってもあったかい程度で高熱ではないので安全です。)

エアコンとは異なり、風も音も発生せず、電気代も少なく、
30分刻みでON/OFF設定ができるので、寒波や熱帯夜とは無縁です。

ロスナイ(換気空清機)の
三菱電機 VL-18URH2 つや消し黒色サテン塗装仕様です。

ブラックルーム左後方に設置しています。
EMC設計様に塗装、設置して頂きました。
(※表面のザラ付きが音響面でも効果を発揮)

ちょいと音は聞こえますが、視聴中はほとんど気になりません。
外出時以外は動作させています。
湿度が高く空気がこもりがちな夏場に大活躍です。

Jw_cadでブラックルームの断面図を描いてみました。

足元に立ち上がりを設け、スクリーンの高さを調整し、
スクリーン中心位置を視線より低くすることで、
眼精疲労とドライアイ防止を目指しました。

★立ち上がり部分は2011年11月に補強(作り直し)しました。
また上記写真のように、ステップ(階段)の立ち上がり部分には
吸音口を3ヶ所設け、床下に充填したグラスウールで
低周波を吸音しています。

天井は全面拡散パネル仕様になっていますが、高さ不足のため、
フラッターエコーが発生しやすいのが難点です。

Jw_cadで作図したブラックルームの全体図です。

全体はひし形になっていますが、壁が珪藻土仕上げということもあり、
拡散パネルが無いとフラッターエコーが大発生してしまいます。

★ちなみにAVラックの後方の窓は
2012年10月にTOSTEM インプラスを導入し、
さらなる防音対策を施しています。

所有製品

前へ  [1] [2] [3]  次へ <全24件中 1~10件を表示>
前へ  [1] [2] [3]  次へ <全24件中 1~10件を表示>

詳細情報

  • 所有形態 : 持ち家(戸建)
  • 形態 : 専用室
  • 種類 : オーディオ・シアター兼用ルーム
  • 広さ : 16畳~
  • 防音設備 : 防音あり
  • スクリーン : 130型以上
  • スピーカー本数 : ~4ch