Reviath
Reviath
オーディオ&アニメ&酒に溺れる日々を過ごしております。 詳しくはブログなどご覧いただければ。

レビュー/コメント

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

Reviathさんのマイルーム

Reviaの草庵

コメント


ほぼ地盤面下にあるRC造の専用室で、天井高さは2.85~3.15m。
低音のこもり対策として隣室の納戸との間に約1m角の音抜き経路を2か所設けています。
各仕上げは、天井:コンクリート打ち放し
床中央部:コルクタイル仕上げ
床外周部:モルタル防塵塗布仕上げ
壁:RC躯体/断熱&湧水対策/石膏ボード2重張り/珪藻土仕上げ
なお壁面に二段のカーテンレールと、天井面にはワイヤーを張って布を設置できるようにし、吸音特性についてはかなり大幅にコントロールできるようにしています。
オーディオ用電源は専用ラインとし、
アースについては、地下を掘る際に地盤の崩落対策として20cm幅・長さ約4mのH形鋼を十数本打ち込んでいるため、そのうちの一本をアース棒にしています。

使用機器でアップできなかったモノがあったので此処で紹介します。
プリアンプ:MarkLevinson No.26.L
チャンネルデバイダー:dbx 234XL
ツィーター:Fostex T925A
フルレンジ:Fostex FE208SS(2016.05.14換装)
SPキャビ:長岡鉄男設計D-58(Fostex作製)

■基本方針
拙宅のシステムは、それほど厳密な調整を施しているワケではありません。
ただ単純に、ディスクに刻まれている信号はなるべくロス無く音にする、刻まれていない音はなるべく付け加えない(室内音響の面でも)、そんな方針です。
具体的には、
・機器やケーブルにはなるべく不要な振動が伝わらないようにする。
・電磁的なノイズは、まず発生源を極力少なくするとともに、ケーブルにはシールドのしっかりしたモノを使う(SPや電源ケーブルも)。

結果として、
音としては「けっこう生に近い感触になっている」と自分では思っています。
実際、ライブ会場で「お。ウチと同じ音してる」と思うことも少なくありません。

普通に聴けばモヤモヤっとして音像も音場も明確ではないのですが、解像度は必要十分(自分的に)ですし、色数も多い。
そもそも生演奏の会場では音像等がハッキリくっきり聴こえる事は無いので、まぁそうした意味からも『自然な音/録音現場の音』に近いと言えるのではないでしょうか。

逆に言えば、拙宅ではシステムの調子がトテモ悪いとき、微小信号が再生できていないときに、「透明で広大な音場と、触ることが出来るくらい実体的かつ立体的な音像、喉の奥の声帯や弦の震えるのが見える様な」音になります。
例えば、CDをPCに取り込んで、CD-Rに焼いたのを再生した時ナドです。
昔、とあるオーディオ店主に拙宅の音を聴いていただいた時にも、電源投入直後の馴らし運転から本来の調子が出てきて微小信号が再生されるようになった瞬間、「なんだか音がボケちゃいましたね」と言われました(笑)。
ボケた音と微小信号が再生できている音とは、慣れない方には区別がつき難いようです。

微小信号が再生できていないと、当然ですが音楽の繊細なニュアンス等が伝わらないため、演奏には致命的なダメージが出ます。これは自分としては看過できない。「音楽を聴く」ためにオーディオに拘っているのですからね。

所有製品

詳細情報

  • 所有形態 : 持ち家(戸建)
  • 形態 : 専用室
  • 種類 : ホームシアタールーム
  • 広さ : ~10畳
  • 防音設備 : 防音あり
  • スクリーン : ~100型
  • スピーカー本数 : ~2ch