StereoHall
StereoHall
生演奏感触への挑戦者  クラシック音楽を愛好する後期高齢者です。オーディオ業界とは関係のないアマチュアの技術者です。ここ四半世紀はオーケストラの生演奏感触をマイルームで得ようと独自の研究を重ね、…

レビュー/コメント

日記

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

StereoHallさんのマイルーム

HSSシステム

コメント

 StereoHallはHSSにより3D音場を再生するシステムです。音源は2ch音源であれば何でも構いません。キーデバイスとなるのはサブスピーカー用の効果音作成装置です。これには穴澤健明氏が開発した残響分離制御ユニット「BM-1」を使用しています。HSS(平本式スーパーステレオ)は、全8チャンネルの再生システムですが、BM-1導入後の研究により、後方チャンネルの効果よりも、圧倒的に前方と側方チャンネルの及ぼす影響が大きいことがわかってきました。つまり、従来のサラウンドの常識的な解釈として、リスナーを取り囲むようにスピーカーを配置して音場再生をするという考えではなく、リスナーより前方にある空間を再現する方が、より効果が高いことがわかってきました。



3D音場は、天井からつり下げた6個のサブスピーカーにより実現していますが、前方と側方の4個のサブスピーカーが主役となります。と言ってもその音量は微かに耳に聞こえる程度です。後方スピーカーに至っては、全く耳には聞こえません。つまり、後方の音場を再生する目的ではなく、前方空間の空気感を向上させる役割を担っています。

再ミックス音とは、分離した直接音と間接音を、元の比率とは異なる比率で再ミックスした音のことです。

システムの概略ブロック図です。



メインスピーカー
 ウーファー:TAD TL-1601A
 スコーカー:TAD TD4001
 ホーン  :Maxonic HS-401
 トゥイータ:Fostex T925

サブスピーカー:富士通テン Eclipse TD508Ⅱ

アンプ
 メインチャンネル用:自作金田アンプ ×2
 サブチャンネル用 :SMSL Q5 Pro ×2 + kENWOOD KAF-S500 ×1

残響分離制御ユニット:穴澤健明氏製 BM-1
NAS  :DELA HA-N1AH20
ネットワクーク・プレーヤー:marantz NA-11S1
DAC      :PS AUDIO PerfectWave DirectStream DAC

(SACDプレーヤー:marantz SA-7S1)

電源クリーナー:Accuphase PS-510

詳細情報

  • 所有形態 : 持ち家(マンション)
  • 形態 : リビング兼用
  • 種類 : オーディオルーム
  • 広さ : ~10畳
  • 防音設備 : 防音あり
  • スクリーン : なし
  • スピーカー本数 : 8ch以上