相馬 博臣
相馬 博臣
 現在学生やってます、歳は20代前半 オーディオを初めて6年、様々な機器を所有し、試行錯誤してきましたが、憧れのSPのオーナーになる事ができ、ひとまず落ち着いたかと思ったら、どんどん欲が出て止まりませ…

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

日記

お気に入り製品

相馬 博臣さんのマイルーム

相馬の部屋

コメント

相馬のオーディオ?部屋を紹介します。

まずは全体像

なんか奇妙な配置ですが、気にしないでください。
SPの間にPCが鎮座してます。普段はずーっとここに座ってネットして動画観てます。 前まではサブシステムがあって、そっちの方で音出してたんですが、ちょっとスペース的な問題でサブシステムを手放し、今はメインシステム1本です。 かなーりスピーカーとの距離が近いですが、別に気にならないのでいいです。 ちゃんと音楽を聴くときはもっと後ろに下がりますw 写真には写ってないですがイスあります


次に、オーディオの要 スピーカーの紹介です。
それがコイツ

ご存知の方も多いかと思いますが、JBL4344です。
実はこのスピーカー、個人的に物すごく憧れて購入した思い出の品です。
詳しくは、そのうち日記に書きますので是非ご覧ください。
学生の身分でこのスピーカーを手にするのは苦労しました。やっぱり安くは無いですからね・・・ バイト何カ月分よって話ですしね・・・

古いスピーカーです。 当然手元に来た段階では、マトモな状態ではありませんでした。 ですが、貧乏学生ですので、修理に出すお金などありません。 ですのでスピーカーのメンテナンスはすべて自分でやります。 基本はスピーカーのエッジ交換に始まり、エンクロジャーの塗装やら、時には回路図を起こし、ネットワーク回路も組みかえます。 なんでもやります。 出来なければ調べて出来るようになります。
スピーカー修理の様子も日記にて細かく紹介していきます!


そして、もうひとつの要 アンプです。
   
サンバレーSV-1628Dです
なぜ、このアンプを選んだのか、それは、最近、地元のオーディオショップにお世話になるようになり、初めてマトモに真空管アンプの音を聴きました。 
 今までの真空管の古臭いイメージとは違い、とても心地よい音で非常に衝撃を受けました。 何種類か真空管を視聴しましたが、昔からのあこがれもあり845を使用したこのアンプに決めました。
 音は今までのどのアンプよりもイイ音を出していると思います。 確かに845の真空管アンプとしては非常にリーズナブルで物量投入型でもありませんが、聴いてみるととにかく イイ音出るんです。
 低音は非常に豊かで今までのアンプでは未体験なコシの座った重い低音がドーンと出ます。 しかし、その低音に負けない中高音の煌びやかさ。 テナーサックスの音がよく合います。 そして音場の広さも広くとても気に入っているいピンです。


そしてもう一台。

DACです。LUXMANのDA-250です
私は音源PCオンリーのPCオーディオ世代ですのでDACは必須です。
このDA-250とにかくコスパがいい。そして、やっぱりプリアンプとしての機能も非常に充実していて、845をパワーアンプ、DA-250をプリアンプとして使用しています。この組み合わせが非常にドンピシャに合ってます。

そして、肝心のPC
コイツです↓頑張ってます!

マザボは結構いいやつ使ってます。もう何世代も前の物ですけどねw

後は、写真にはスコシしか写ってませんがイスにもこだわってます。


こんな 奇妙なスタイルでございます!!!

所有製品

  • AT-ES1500
    スピーカーケーブルAUDIO-TECHNICAAT-ES1500
  • PMA-2500NE
    プリメインアンプDENONPMA-2500NE
  • 4344
    スピーカーシステムJBL4344