ベルイマン
ベルイマン
音楽は最近はミニマルミュージックをよく聴いてます。好きアーティストは、マイルス・デイビス、スティーブ・アルビニ、ジム・オルーク、テリー・ライリーかな。色々聴きます。 映画は、タレントを売るために…

レビュー/コメント

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

ベルイマンさんのマイルーム

工事中の防音室

コメント

工事中です。

縦5438 x 横3618 x 高3400の予定。とにかく気をつけていることは、左右の対称性です。前後は追求することが不可能なので、左右だけ気にしています。機材はall200Vでいき、トランスで降圧して使用します。この計画でいくと少なくとも5台、サブウーハーを2台にするなら、6台トランスが必要になります。

カーテンを付けないとかなりライブな音響になります。天井にはソーラトンといくつかアルテのシーリングピラミッドを付けますが、他にカーペットとソファしかないので、音の逃げ場のない防音室では、残響過多であると思われます。カーテンはかなり厚手のもので現在リビングに使っているカーテンを一部仕立て直してリユースすることにします。ベストはシルクだと思われますが、費用的に難しそうです。高域の吸音ではなく全帯域を拡散してくれると良いのですが。シルクの生地でしたらまずまずの値段で小売してますから、サイドの壁に使いたいと思います。



リアのスピーカーが少し近い気がします。しかし、スクリーンの標準的な視聴距離が3.5mであるので、フロントに近づき、リアから距離を取るわけにはいかないです。リスニングポイントからフロント、リアのそれぞれまでの距離は等間隔が望ましいのでしょうが、完全にそれを実現するのは困難です。音楽を聴くだけなら中央のソファーの位置を前後に動かせばフロントとリアに対して等間隔も可能ではあるかもしれません。



部屋の前側には張込み式のスクリーンを設置し、カーテンで隠せるようにします。映像を観ない時は隠します。システムの命であるEO-01からの電源をできるだけ歪ませないようにパワーアンプ以外の機材に絶縁トランスをあてがいます。サブウーハーはできるだけ口径の大きなもので、低音を追求します。2台置くと、降圧絶縁トランスも2台となり、部屋の前側の空間がだいぶ狭くなりそうですので、前側の機材はできるだけ床置きします。それでも音の広がりのための空間が確保できない場合はサブウーハーをフロントスピーカーの間に置くことに拘らず、両スピーカーのサイドに配置します。サイドにサブウーハー2台すると音響空間の一層の広がりに寄与するようです。やったことがないわけですが、低音のウェーブが部屋のサイドを縦に前後するのであれば、ありそうなことに思えます。試すべきなのでしょう。電源コンセントはフロントスピーカー間にであれ、サイドに設置であれ対応できるように用意しておきます。

☆部屋の前側に設置予定の機材
① EO-01(200V) ⇒ S-200Ⅱ ⇒⇒ Sopra no2
② EO-01(200V) ⇒ 降圧&絶縁トランス ⇒ AV8805special
③ EO-01(200V) ⇒ 降圧&絶縁トランス ⇒ LX88 or fidata
④ 壁コン(200V)⇒ 降圧&絶縁トランス ⇒ DB1D



背面のドア側には壁面に三角ステーを取り付けてボードにプロジェクターを設置します。カーテンでドアを隠し、後側の壁面の左右の不均衡を解消できるようにします。

☆部屋の後側に設置予定の機材
⑤ EO-01(200V) ⇒ S-200 ⇒⇒ Sopra no2
⑥ EO-01(200V) ⇒ 降圧&絶縁トランス ⇒ X990RA





☆プロジェクター&スクリーン詳細

・床からレンズ中心高さ = 1650
・床からイメージ中心 = 1250
・120inchイメージサイズ = 2657 x 1494
・120inchフレームサイズ = 2861 x 1709
・スクリーン中心からリスナー = 3200 〜 3500
No

所有製品

詳細情報

  • 所有形態 : 持ち家(マンション)
  • 形態 : 専用室
  • 種類 : オーディオルーム
  • 広さ : ~12畳
  • 防音設備 : 防音あり
  • スクリーン : ~120型
  • スピーカー本数 : ~4ch