Auro3D
Auro3D
伊豆の別荘で マルチチャンネルオーディオ6割 2chオーディオ3割 ホームシアター1割 という週末を過ごしています。 私のオーディオに対するスタンスは、「原音再生は求めず、<オーディオ再…

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

Auro3Dさんのマイルーム

ちょっと変わった方法でマルチとAuro3Dと2chとVとを共存させています

コメント

【サラウンドスピーカー四変化】
ここ伊豆でのMy Roomは、平行面の少ない6角形の変形部屋、2階屋根まで吹き抜けの空間、傾斜天井、珪藻土の壁、桜の無垢の床など、オーディオルームとしてはなかなかいい条件がそろっていると思っています。完全防音工事はしていませんが、窓は真空二重サッシをダブルで入れ、別荘地なので空き家も多く、隣家まで10m以上は離れているので、日中は大音量で聴いています。遮光はしていないので、スクリーンとプロジェクターは夜のみ稼働です。家族は犬以外ほとんど来ないので、ダイニングとリビング兼ですが、事実上、東京の書斎に次ぐ、第二の「マイルーム」です。

コミュニティの皆様とより深いコミュニケーションを取るために情報の開示が必要と判断し、恥ずかしながら写真入りで、以下、やや詳細にご紹介させていただきます。

私のこだわりは、マルチチャンネルオーディオ(SACD、DVD-Audio)、Auro3D、2chステレオ(ハイレゾなど)、スクリーン・プロジェクター環境による映像音響再生(Atmosなど)の4つを、それなりのレベルで一部屋内に共存させることです。

それを実現するために取っている方策は、<移動できるスピーカー>と<移動できるリスニング(含視聴)ポイント>の二つです。

この写真は、スクリーンのある側(AV的には、「フロント」)を撮ったものです。スクリーン(140インチ。シアターハウスの「ハイブリッド」です)は梁の裏に隠れていて、これは上げた状態です。梁の後ろには螺旋階段がありますが後ろの壁までは1.5Mほどの空間があり、上部は2階屋根まで(屋根裏のない構造)吹き抜けており、その高さは約7Mです。梁の上に固定されているスピーカーはすべてヤマハで、この家を建てたときに作りつけました。梁の真ん中にもう一つ黒いスピーカーが乗せてありますが、これはAuro3D用に設置した、DynaudioのXeoというワイヤレスアクティブスピーカーです。

フロアに設置してあるのは、左右にSonettoVIII(LR間の距離は約5M)、KEFのセンタースピーカーは、KEFの昔のReferenceシリーズのフロア型スピーカーを台にして、フロントスピーカーとツィーターの高さを合わせてあります。スクリーンはサウンド透過型ではないので、スクリーンを下げたときは、スクリーンの上下から覗くこのReferenceの左側のSPと梁のヤマハのSPの両方に、センターチャンネルの音をスイッチ切り替えで流せるようになっています(ゆえに中高音を担当する同軸スピーカーが床近くに来るように、Referenceが上下逆さまに設置してあるのです)。また、この写真では見えないですが、Fostexのサブウーファーが3台あり、LCRそれぞれのスピーカーの後ろや横に置いて、各スピーカーの補助として運用しています(AV用のサブウーファーとしてではありません)。フロントスピーカーは十分に低音が出るので、基本的には、センター用以外のSWは映画を見るときしかOnにしません。

テーブルと椅子は可動式で、この椅子の位置から180度振り返って撮ったのがこの写真です。

上部の4つのスピーカーは、建築時に設置したヤマハのものです。出窓の前が棚になっており、ここに操作の必要な機器が置いてあります。複数あるパワーアンプやサブウーファー(ヤマハのバスレフ。映画専用。地鳴り担当。映画以外の時はOff)などはソファの後ろ・棚の下に隠してあります。サラウンドバックは、今はJBLの4306を使っています。

ここでのポイントは、左右に見えるAmator IIIで、その下にTAOCのスピーカー台があり、それに特注でキャスターを付けて可動式にしています。

【サラウンドスピーカー四変化その1=Atmos用】
上記の写真のAmator IIIのレイアウトは「AV用サラウンドスピーカー」として向かい合って置かれています。映画やAtmosの音楽ソフトを聴く場合の席はこのソファ中央で聴きます。

【サラウンドスピーカー四変化その2=Auro3D用】
Auro3Dを聴くときは、この写真の位置に椅子とサラウンドスピーカーを配置します。サラウンドスピーカーを正しく「2階建て」にし、かつAuro3Dが規定する位置(やや後ろ)に置き、やや内ぶりの角度を付けます。

これはAuro3Dのキモである、トップスピーカーです。これもDynaudioのXeoというワイヤレスアクティブスピーカーです。向きが真下にできず、スクリーンの反対を向いていますが、高音域は傾斜天井に反射して下に向かってくるので、ちょうど真下にあるリスニングポイントで十分な音響効果を感じています。

【サラウンドスピーカー四変化その3=5chマルチチャンネルオーディオ用】
SACDなどのマルチチャンネルオーディオを楽しむときは、Amator IIIはサラウンドとして使用し、向きをスクリーン側にし、5つのスピーカーまでの距離はほぼ2.5Mの等距離になるように椅子をAuro3Dポジションより前に配置します

【サラウンドスピーカー四変化その4=2chステレオ用】
2Chオーディオの際には、可動式の椅子を180度回転させてスクリーン側に背を向けることで、AmatorIIIをメインスピーカーとします。2chソフトで定位感を味わいたいときに使います。左右の壁から約1M、後ろの窓からは約2M離し、一辺約2Mの正三角形を作ることでホログラフィックな音像を狙っています

こうして、1層=7台、2層=7台、3層=1台、プラス映像用センタースピーカー2台、サブウーファー4台の計21台体制で、5chマルチチャンネルオーディオ、2chステレオ、Auro3D、スクリーン・プロジェクター環境による映像音響(Atmos)再生の4つを、共有・共存させています。この環境を8805でハード的に切り替えるには、いちいちプラグをつなぎ変えなくても、別売りソフトのAudyssey MultiEQ Editorがあればできます(ただし、設定をネット経由で8805に転送するのに、結構時間がかかりますが)。写真にあるように私は現在3つしか保存していませんが、10種類ぐらいはスピーカーの有無を含めて、設定が保存できそうです。

所有製品

前へ  [1] [2]  次へ <全18件中 1~10件を表示>
  • NS-2HX
    スピーカーシステムYAMAHANS-2HX
  • NS-1000MM
    スピーカーシステムYAMAHANS-1000MM
  • NS-C7HX
    センタースピーカーYAMAHANS-C7HX
  • NS-4HX
    スピーカーシステムYAMAHANS-4HX
  • YST-SW800
    サブウーファーYAMAHAYST-SW800
  • D-06
    SACDプレーヤー/トランスポートLUXMAND-06
  • 4306
    スピーカーシステムJBL4306
  • L-507uX
    プリメインアンプLUXMANL-507uX
  • Xeo3
    スピーカーシステムDYNAUDIOXeo3
  • CW250A
    サブウーファーFOSTEXCW250A
前へ  [1] [2]  次へ <全18件中 1~10件を表示>

詳細情報

  • 所有形態 : 持ち家(戸建)
  • 形態 : リビング兼用
  • 種類 : オーディオ・シアター兼用ルーム
  • 広さ : 16畳~
  • 防音設備 : 防音なし
  • スクリーン : 130型以上
  • スピーカー本数 : 8ch以上