試聴記
試聴記

マイルーム

                                                                                                                             
                                                
                              
所有製品
所有製品は登録されていません

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

HONDA
LiB-AID E500 for Music
270,000円(税抜)
発売:2020年2月中旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

こんなハズじゃなかった

HONDAからオーディオ用バッテリーが発売されるニュースを聴いた時は、驚いた。
しかし、その意外性から逆に興味を持ち始め、都内で行われた試聴会にも参加して、その効果も確認できたので購入してみた。

だが、自宅で使ってみると、試聴会で体験したような効果は得られなかった。もともと自宅では、200Vの電源を中村製作所のダウントランスを使って100Vにしていたこともあって、それ程、効果が無かったと、この時は思った。

それから主にアコリバのCD消磁気やRR-77といったアクセサリーに約1年使ってきた。

そんな折、先月、プリアンプを買い替えた時、たまたまこのHONDAのバッテリーを使ってみたところ、素晴らしく音が良くなっていた。そこで、他の機器でも試してみたところ、一番上流のCDPで使うのが良かった。

このバッテリーの購入当初は、中低音が軽いややハイ上がりなトーンで、しかも何か伸び切らない詰まり感があったのだが、1年使ってみると、この辺りのネガが完全になくなっていた。更に音の角が丸くなるといったレスポンスの不満も無くなっていた。一番うれしかったのは、中域の柔らかさが損なわれずに、音が重なった時の厚みも、キチンと表現されていたことで、ヴォーカルや弦の表現力が過去一の出来に仕上がっていた。このバッテリーは電源周波数を選択でき、60Hzにするとサウンドがパキパキになるが、やや音場が狭くなる。なので、今は音の広がりと厚みが両立できる50Hzで聴いています。

レス一覧

  1. byもろこし at2021-01-16 02:47

    試聴記さん

    ご無沙汰しております、もろこしです。
    本来の音の良さに気づかれて良かったですね!
    私のところでも最初は音の抜けが悪く、低域も軽めでしたが、100時間程度使ってから、伸びも出て重心が下がり、いい塩梅になりました。

    私は以前から持っていたノーマルのE500とE500 for MusicをCDプレーヤーとプリアンプにそれぞれ繋ぎ、パワーアンプは200Vからダウントランス経由とし、アースループなしにして楽しんでいます。
    ノーマルも今はE500 for Musicと同じフルテックのコンセント、電磁波吸収材やシールド等を施し、ノーマルの粗さが取れ、良い感じになっています。

    E500 for Musicを購入された他の方も、もし最初の段階でお蔵入りにされていましたら、是非再挑戦していただきたいですね。

  2. by試聴記 at2021-01-16 12:59

    もろこしさん

    気づいちゃいました。やっとです!
    実は、1ヶ月過ぎた頃に売ろうとして、見積もりをしたら、衝撃の下取り価格だったので、売るに売れなかったのが実状です。いま思えば、本当に売らなくて良かったです!

    パワーアンプは、200Vをやめて100Vに戻しました。
    で、コンセントにE500 for Musicと同じグレードのモノを使っています。このコンセント、バケモノです!

  3. byもろこし at2021-01-17 12:14

    試聴記さん

    本当に売らなくて良かったですね。
    私のところでも、E500 for Musicなしでは音楽を満足して聴けなくなってしまいました。

    ところで、プリアンプの買い替えが気になったのですが、C-3850から3900に買い替えられたのでしょうか。
    音の変化はいかがでしたか?

    私の方は昨年、スピーカーをインフィニティからB&W 803D3に買い替え、セッティングほかの使いこなしに奮闘中です。まだ、発展途上で伸びしろはかなりありそうです。

  4. by試聴記 at2021-01-17 23:44

    もろこしさん

    ご指摘の通り、3850から3900にチェンジしました。
    音質は、メチャクチャ良くなりました。
    始めて、SN比って凄いと思いました。
    それ程、微小な音がかつてない程、鮮明に再生されています。

    また、低音も力感が増し、ビリー・アイリッシュの「バットガイ」
    のイントロが鳴り出した瞬間、思わずヴォリュームを絞ってしまいました。

    AAVAがダブルになったことで、電気の流れが凄くスムーズになった印象の音です。

    B&W 803D3いいですね。この弟分にあたる804D3を、今のSPから買い替えようかなと、昨年ショップで聴きまくっていました。コンテニュウムになって、本当にいいSPになったな~思いました!

  5. byもろこし at2021-01-19 01:13

    試聴記さん

    C-3900、相当な音質向上があったのですね。
    私も803D3の表現力を活かすため、C-3900も候補に挙がっています。

    S/N比も凄いようですが、E500 for Music有無での変化はいかがでしたでしょうか?
    また、うちのマッキントシュC-40の消費電力より大きい47Wですが、E500使用時のうなりとかは大丈夫でしょうか?(パワーアンプに接続すると、うなり音がでてしまうので)

    ご回答いただけましたら幸いです。

  6. by試聴記 at2021-01-19 21:50

    もろこしさん

    C-3900は、トランスの方が音が軽やかでいい音に感じました。E500 for Musicだと、少し圧縮された感じでイマイチでした。

    また、唸りはありませんが、電源を入れた時だけ「ヴーン」という
    音がE500から聞こえました。

    消費電力55WのC-3850では、常時「ジー」というかすかな音が聞こえたので、8Wの差でもE500には結構、負担が違うようですね。

  7. byもろこし at2021-01-21 00:30

    C-3900、うなり音がないならいいですね。真面目に検討してみようかと思いました。
    ご回答、ありがとうございます。

    E500 for Musicは電源が良くなる分、電源ケーブルでの調整しろが大きくなるようで、適切なケーブルに替えると圧縮感も無くなることを友人宅のマークレビンソンのプリアンプNo.52で確認しています。ご参考まで。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする