元住ブレーメン
元住ブレーメン
高校生時代にベータマックスで映像に目覚め、フォーマット変遷を何世代と経た今、撮影から編集、映写まで4K環境がついに実現しました。ホームシアターのための家も建て、充実した日々を送っております。 コ…

マイルーム

ホームシアター「建築」記
ホームシアター「建築」記
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
我が家の(地下室)ホームシアターです。 もともとは賃貸派の私でしたが、好きなときに好きな映画や音楽を好きなだけ好きなように鑑賞するには、持ち家しかないと一念発起。2005年の10月に地上二階、地下一…
所有製品
  • BDプレーヤー
    OPPO UDP-205
  • AVアンプ
    ACCUPHASE PX-600
  • デジタルスチルカメラ
    PANASONIC DC-GH5
  • D-ILAプロジェクター
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE PX-600

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

BDZ-X90
SONY
BDZ-X90
¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)
発売:2007年11月8日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

家電と嗜好品のはざま

昨年の第一次第二世代ブルーレイレコーダー戦争で松下に惨敗したソニーが捲土重来を期して(るはず)発売した新シリーズの最上位機種。なんとDVDレコーダーをやめてしまうというBDへの力の入れよう。というか、DVDレコって全然儲からないんでしょうね。もう。

ルックスは松下の今年の機種に圧勝(してますよね?)。ちゃんとインシュレーターも4個ついてるし、「こだわりの再生系」だそうで、それなりに力は入っているはず。ただレコーダーというとどうしてもコストの制約から逃れられないらしく、20万円という価格なりに落ち着いてしまうのは残念ではあります。この辺は将来のハイエンドプレーヤーの登場に期待したいところ。

DRC-MF2.5の搭載がこの機種の画質面での最大のトピックのひとつのはずですが、DVDなどのSDのソースを見る機会がほとんどない我が家では効果を感じる機会がほとんどなし。24p対応やロスレス音声コーデックなどソースがもっと出てくれば新型なりの良さを実感できるのでしょう。

一番期待した編集機能ですが、これは期待はずれでした。保存版作成に使用するA-B消去は編集操作のステップ数が多過ぎてイライラ。おまかせチャプターは確かに視聴には便利ですが、100%信頼できるわけではなく、編集に当たっては結局全編見なければならなくなります。インターフェースも特に良いとは思えずレスポンスもイマイチ。PSXのHD版を夢見たのですが裏切られました。

否定的なことをたくさん書いてしまいましたが、期待が大きすぎただけで別に欠点のある機械というわけではありません。XMBはやはり使いやすく(120インチのスクリーンだと異様に大きいですが)、番組予約のキーワードもパナソニックよりはるかに自由で、おまかせ録画も(何が録れているか)面白く、買っても大丈夫だと思います。ただ去年ソニーを買った人は今年はパナの方が(1TBもあるし)良いかも?

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●記録可能メディア:BD-RE ver.2.1、BD-R ver.1.1/1.2、DVD+RW、DVD+R、DVD-RW、DVD-R ●内蔵HDD:500GB ●映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC(HDD/BD) ●音声記録方式:ドルビーデジタル(2ch/5.1ch)、MPEG2-AAC(DRモード時) ●チューナー:地上デジタル×2/BS・110度CS×2/地上アナログ/UHF/CATV ●映像入出力:HDMI出力×1、コンポーネント映像出力×1、D映像出力×1、コンポジット映像入/出力×3/1、S映像入/出力×3/1 ●音声入出力:ステレオ音声入/出力×3/2、デジタル音声出力(光/同軸)×各1 ●その他端子:HDV1080i/DV入力×1、USB×1 ●消費電力:76W ●外形寸法:430W×100H×336Dmm ●質量:約7.1kg