Ray
Ray
オーディオ歴は中学生からと長く、現在使用のExclusive 2402はほぼ30年使用しています。大学入学後ジャズ喫茶に入り浸り、そこの再生装置ーJBL Pro multi が気に入りそのまま同じSP…

マイルーム

趣味の部屋
趣味の部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
'05年に自宅を建て直すときにこのオーディオルームには力を注ぎました。 まず、コンクリート直置き床の必要性から基礎をスラブオングランド工法の建物にし、スピーカーを置いている所には30mm山西黒御影石…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

レビュー/コメント

ORB
MC-S0
¥24,150(税込)
発売:2008年2月1日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

C/Pが高くて、便利な逸品

過日のこのコミュの日記を見てORB MC-S0の購入に踏み切りました。

最近このコミュに於いても各社のセレクターが話題に上っていますが、拙宅では
1)ターミナル(マルチバインディングポスト)には金メッキを採用しての低接触抵抗化の徹底が計られている事。
2)内部配線もORBのスピーカーケーブル『INNOVA TS7』を使用し、等長で配線されている事。
3) 太径のスピーカーケーブルも接続可能で、 Yラグ(8φ端子)やバナナ端子付きスピーカーケーブルも接続可能な事。
4)C/Pが非常に高い事。
等を重視して購入しました。しかし、接点の耐久性の面からは機械式スイッチの部は金メッキであればよかったのにと思っています。

接続・切り替えは1:3が可能で、アンプ1台に対してスピーカー3set、もしくはスピーカー1setに対してアンプ3台の切り替えが可能です。

拙宅では、a) ML 326s→Mcin 2102 b)SONY TA-E1→TA-NR1 c)VICTOR AX-V8000→TRIODE TRV-M300SE の3系統のアンプをMC-S0を介してEXCLUSIVE 2402に接続しています。

このMC-S0はプラス、マイナスの両極性を切り替える方式なので、BTLアンプにも対応しており、接続機器のVolを完全に絞り切りさえすれば、真空管アンプでも出力トランスへの悪影響はないとのメーカーからの返事を頂いております。
ただ拙宅では精神衛生上、まずMC-S0でPW AMPを選んでからそれに対応する機器のみのスイッチを入れる様にしています。

この8月に同じくORBからMC-SSが発売されるとの事ですが、こちらはショーティングタイプのロータリースイッチを使用しており、スピーカーセレクター(特に管球式PW AMPの)として使用するもので、ショートニングタイプがゆえに、アンプセレクターとしては使用出来ないとの事です。

この機器を使用しての感想ですが、まず音質の低下は小生の駄耳では感じられず、解像度、定位、バランス、音の速度、音場感、奥行きのどれをとっても劣化は感じられませんでした。それに加え、各PWアンプからこのセレクターに接続するSPコードの長所が、このセレクターからSPにつなぐSPコードに乗る相乗効果も得られています。

拙宅ではMcin2102からVictor sc1005で、SONY TA-NR1からCHIKUMA CDS-SPで、TRV-M300SEからMITerminator 2でMC-S0に接続し、これよりMIT MH-750 Shotgun を用いてSPにつないでおり、前段のSPコードの長所が後段のMITに乗っている感触を得ております。

使用法さえ守れば、この機器は非常にC/Pが高く、使い勝手の良いものとして重宝しえるのではないかと思われます。

レス一覧

  1. byVOTTA7 at2008-07-11 21:00

    こんばんは。

    昨日は不安を煽るような書き込み失礼しました。
    自分もあまり詳しくは知らないので、もしかしたらと書き込んでしましました。
    BTLアンプも対応してれば大丈夫ですね。

  2. byRay at2008-07-11 21:29

    oyj_hiro 様 今晩ワ

    私の方こそ余り下調べをせずに、感じたままを書き込み、的確なご返事が出来なかった事をお詫びいたします。早速指摘を受け、中途半端なままでレビューを残したままにしておくのは無責任と思い、一旦消去させて頂きました。

    本日ご指摘のサイトを訪ねさせて頂き、またORBにも問い合わせをさせて頂きました。
    結果、BTLアンプにも対応しているとの事で、私の方も安心いたしました。

    ただ切り替えの際、対応接続機器のみの電源を入るのが最良みたいです。
    ORBの返事では、そこまでは必要ではないが、ボリュームを絞りきって置く事は最小限必要との事でした。逆起電力が出力トランスに入り込み真空管アンプのトランスにダメージを与える可能性があるとの事です。

    的を得た御示唆 まことに有難うございました。
    これに懲りず、今後ともよろしくお願いいたします。

  3. byRay at2008-07-12 19:35

    ORCAさん 今晩ワ
    日記にも書かせて頂きましたが、ORCAさんの日記を拝見し、このセレクターの購入に至りました。
    聴いての感想ですが、ORCAさんと同じ様に音質の劣化は殆ど解りません。

    前段と後段でのSPコードの相乗効果が認められることより、色々なケーブルを、安価に(距離が短くて済む為)試せるのも利点の一つかなと思っています。

    良いものをご紹介下さり有り難うございました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●切替デバイス:機械式(ロータリー)スイッチ ●ターミナル:金メッキ仕様マルチバインディングポスト ●連続通過電力:250W (8Ωスピーカー接続時) ●内部配線:ORB INNOVA TS7 (導体:PCOCC, 絶縁体:LDPE) ●外形寸法:240W×65H×150Dmm ●質量:1.26kg