球磨のぬいぐるみ
球磨のぬいぐるみ
-自己紹介- 球磨のぬいぐるみと申します。球磨と書いて「くま」と読みます。カメラで風景を撮影すること、オーディオで好きな音楽を聞くことを趣味にしています。また、気になるアーティストのライブ、役者の舞…

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

ACROLINK
7N-A2070
¥94,500(税込)
発売:2005年
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

高純度Cuのなせる業

まず最初に気がつかされるのが、圧倒的に情報量が増していることである。
「ケーブルを変えただけのになぜ?」と思い、もう一度元に戻すとガックシ。「もう元には戻れません。」
次に、非常にノイズが少ないことに気づく。どこまでも透き通っていく感じ。これで女性ボーカルを聞くのがたまりません。
そして、誇張するような音が無いことに気づく。低域が持ち上がったり、高域がキラキラするなど、変な色付けはありません。ただただ、音数が増え、濃厚になったと感じるくらいです。

難点を挙げるとすれば、
・ケーブルが硬いので、とりまわしが面倒。
・兎に角コネクタがでかくてきつい。購入当初は「こんなに差し込むのに力がいるのか?」とプレイヤーの心配をしていました。今のなってはこのきつさが音に反映しているのだろうと、逆にすっと入ると心配になってしまいます(^^;

レス一覧

  1. byMac_cel at2008-12-25 11:56

    Mac_celです。はじめまして。
    今後ともよろしくお願い致します。

    このケーブルのバランスタイプを使っております。
    音の情報量の多さ・純度の高さ・S/Nの良さなど素晴らしいケーブルですね。これを聴いてしまうと他のケーブルが眠く感じるくらいです。はっきり言って私好みでした。球磨のぬいぐるみさんは他にもエソのiLinkケーブルもお使いのようで、私と好みが似ていますね。

    確かに堅くて取り回しは難しいです。機器の後ろに余裕がないと厳しいですね。そのがっちりとした端子の接続感は信頼感があります。

  2. by球磨のぬいぐるみ at2008-12-26 00:10

    Mac_celさん、はじめましてです。
    こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

    私自身もこのケーブルは好きですし、非常に満足もしています。
    「他のケーブルが眠く感じる」おっしゃるとおりですね。このケーブルにはそれぐらいの説得力があると思います。

    今はまだ、シアターは考えていませんが、そのときがきたら、ご指導よろしくお願いいたします。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】
●導体:ホット/コールド側共:7N Cu/0.26φ×19本、シールド側/銅箔テープ・UEW編組 ●導体抵抗:ホット/コールド側共:20mΩ/m ●静電容量:58pF/m ●インピーダンス特性:110Ω(XLR)