球磨のぬいぐるみ
球磨のぬいぐるみ
-自己紹介- 球磨のぬいぐるみと申します。球磨と書いて「くま」と読みます。カメラで風景を撮影すること、オーディオで好きな音楽を聞くことを趣味にしています。また、気になるアーティストのライブ、役者の舞…

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

SR-007A
STAX
SR-007A
¥210,000(税込)
発売:2008年1月頃
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

My Reference Sounds 2.

2007年にSR-007(OMEGA2)の後続モデルとして発売が開始。
発表と同時にSTAXを訪れ試聴。即日購入を決めた。

SR-007からの大きな変更点はイヤーパッドが皮になったこと。そんなちょっとした(?)変更とは裏腹に、そこから奏でられる音は大きく変わっていた。まったくの別物といっても過言でない。

輪郭がよりクッキリし、すこし暴れ気味だった低音がきちんと制御されるようになった。
また、中低域の質感が飛躍的に向上していて、表現力が1回り、2周りほど増した。
あれほどすごいと思っていたSR-007でさえ、すこし色あせて聞こえてしまう。
しかし、一方で、音の広がりや奥行きが狭くなったように感じる(エージング時間の差か?)。
この辺は好みでSR-007かSR-007Aを選び分けてもらえるといいかと。

その他として、付け心地と見た目が3割増しになったかと(^^;

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●形式:プッシュプル・エレクトロスタティック方式 ●周波数特性:6〜41kHz ●インピーダンス:170kΩ/10kHz ●感度:100dB/100V r.m.s. ●標準バイアス電圧:580VDC ●イヤーパッド:スペイン産ラム革 ●質量:本体のみ→365g、ケーブル含む→512g