カノン5D
カノン5D
オーディオマニア&アニオタのカノン5Dです。 オーディオの中でも、『自作スピーカー派』でして、特に「バックロードホーン」「共鳴管」「フルレンジスピーカー」という長岡的なスピーカーに興味があります。 …

マイルーム

カノン5Dのオーディオルーム
カノン5Dのオーディオルーム
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真・オーディオ・自転車・アニメ・ラジコン、と多趣味な私です。 ブログ「趣味の小部屋」http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0 HP「カノン5Dの資料室」http://kan…
所有製品

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

ATH-EW9
AUDIO-TECHNICA
ATH-EW9
\OPEN(予想実売価格18,000円前後)
発売:2003年11月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

高級+ポータブル=・・・・?

正直に言ってしまうと、あまり良い音ではありません。
この価格帯の大型ヘッドフォンなら、数段階よい音が出せます。
やはり、大きさの制限は大きかったと言わざる得ません。
音質を求める方なら大型のオーバーヘッドタイプを、携帯性を求める方ならカナル(耳栓)タイプを買う事をオススメします。

酷評はここまでにして、良い点を紹介していきます。

まず、非常に豊かな中音域を聴かせること。
全体的にカマボコ型のバランスのため、弦楽器や肉声が非常に豊かに聞こえます。
天然桜(?)のハウジングも作用しているのかもしれません。

もう一つ、旅先で良い音を聴きたいという時にも重宝しています。
小型でありながら、カナル型より装着感が良く、音質もそこそこ保障されているので、旅先では良く利用します。


総論
結局、この仕上がりで、この音なら、実売1万円以下であることを求めてしまうヘッドフォンです。
個人的には、小型化するための労力で大幅に価格が上昇してしまったように感じてしまいます。

桜材のハウジングは美しいので、それ目当ての方は「買い」でしょう。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ28mm、ネオジウムマグネット ●出力音圧レベル:105dB/mW ●再生周波数帯域:14〜24,000Hz ●最大入力:100mW(JEITA) ●インピーダンス:29Ω ●質量(コード、プラグ含まず):33g ●プラグ:φ3.5金メッキステレオミニプラグ ●コード長:0.6m(U型)