寛
現在28歳の社会人。 6畳一間ですが、頑張って機材を揃えていこうと思いますので、ご指導ご鞭撻の程お願いいたします。 →頑張りすぎてローンが苦しいですw

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

SR-404
STAX
SR-404
¥42,000(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

変わらない良さ、音楽の本質がここにある。

本機の元となったSR-Λが発売されてから30年。
SR-404が発売されてからでも10年。

発売当時は高級ヘッドフォンと言えるのがSTAXのイヤースピーカーシリーズとMDR-R10位しかありませんでした。
しかし、時代の流れとは早いもので、iPodの流行に合わせて様々な高級ヘッドフォンが生まれては消えていきました。

万能型の代名詞のように扱われたゼンハイザーのHD600、弩級のヘッドフォンとして鳴り物入りで登場し話題を掻っ攫ったedition 7、本当に様々なヘッドフォンが生まれ、そして消えていきました。
栄枯盛衰、今世間を騒がせている高級ヘッドフォンも時代の荒波の中にいずれは消えていくでしょう。

ですが、それでも変わらないモノがありました。
それがSR-404だったのは、必然であったのでしょう。

学生時代に本機に出会えたことをのはまさしく運命でした。
本機に出会えなければ、私は音楽にここまで真剣に向き合うことはなかったでしょう。

プロという方々が、どれほど心血を注いで楽曲を作っているのかに初めて気づきました。
「消費する音楽」と「幾千幾万の時間を経ても変わらない名曲」があることを心の底より実感しました。

SR-404は何も足しません。何も引きません。
ただ、楽曲に込められているモノを全て出すだけです。

静寂があり、残響があり、余韻がある。
旋律や歌ももちろん重要です。これには誰も異論を挟まないでしょう。
しかし、時にはこういった要素にさえも、アーティストは己の魂を込めて音楽を紡いでいるのです。

これら全てを表現できるSR-404が、時代に流されずに残ったのはまさしく必然としか言いようがありません。

圧倒的な音の立ち上がりの早さや、暴力的なまでの解像度をもって未だにヘッドフォンの頂点の一つとして君臨しているSR-404.

私にとって、永遠のリファレンスがここにあります。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●形式:エレクトロスタティック型プッシュプル ●周波数特性:7-41,000Hz ●音圧レベル:100dB/100V r.m.s. ●ケーブル:幅広特性低容量 PC-OCC導体 2.5m(8.3ft) ●質量(ケーブル含):475g