takajun
takajun

マイルーム

マイ編集ルーム
マイ編集ルーム
私はオーディオマニアではありませんが、安い機材で、いい音が聴けたらと思っています。 最近は アナログレコードを VPI Super Scoutmaster と SME V-12 アームに取り…
所有製品

日記

お気にいられユーザー

レビュー/コメント

MC-Windfeld
ORTOFON
MC-Windfeld
¥420,000(税込)
発売:2007年
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ORTOFON MC-Windfeld + SME V-12 購入

SME V-12 の設定箇所は非常に多く、かなり調整に時間を取られましたが、一応の調整が終わったので一度音を聴いてみます。


最初は 大雑把に 1)ロックを外し、2)水平バランスをとり、3)針圧を調整し、4)アンチスケーティング調整をします。
写真で見えているつまみ部分だけでなく、専用工具を使って、Vertical、Horizon の調整も必要です。ふう・・・
SME M2-12 と違って堂々としたアームですが、非常に高感度にできています。


ortofon MC Winfield です。



最初に10枚ほど LP レコードを空再生してから試聴します。試聴するレコードは Bill Evans The Riverside Recordings 180g 45RPM 22LP Box Set from Analogue Productions の中から BILL EVANS TRIO st Shelly’s Manne-Hole を選択。
フォノイコライザは日本では発売されていない 英 Whest PS.30 です。 もし輸入されて国内で販売されると70万円弱の価格になると思われますが、非常に素晴らしいフォノイコライザです。
レコード再生/録音環境は以下のとおりです。

Turntable: VPI SuperScoutmaster
Tonearm: SME V-12 12inch longarm
Cartridge: ortofon MC Winfield
Phonoamp: Whest PS.30 R
ADC: Prism Sound Orpheus

トーンアームも同時に交換しているのでそれのせいもあると思いますが、 VPI Signature tonearm + ortofon Cadenza Black から出てくる音とは一線を画す音で、とにかく情報量が多いの一言に尽きます。
レコードを聴き終えての感想は ただただ 幸せー ・・・・

youtube に動画で紹介していますのでご参考まで。
http://www.youtube.com/embed/px6StYTpsOE?autoplay=1







レス一覧

  1. byオルフェのサンバ at2011-06-12 21:09

    TAKAJUNさま こんばんは

    素晴らしい組み合わせですね。SMEのアームもVPI S Sも機械美に
    溢れていてメカフェチの私にはたまりません。
    音も素晴らしいと直感しました。

    総額でいくと最新の最高級デジタルストーリム以上になりますね。

    うらやましいというか憧れです。この写真の中で唯一同じものはオルトフォン純正のシェルと思ったらカタログの絵でした。V-12は一体型でした。

  2. bytakajun at2011-06-12 22:15

    オルフェのサンバさん こんばんは

    私もメカフェチです。(^^ゞ

    国内で購入すると大変な金額になるので全て個人輸入しています。

    いいShopを見つけるのに多少の苦労がありますが、世界中から
    良い製品を廉価で手に入れるのは楽しいものです。(授業料も払いましたが)

    こつこつ やっとここまで辿り着きました。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●出力電圧:0.3mV ●周波数特性:10-80,000Hz ●内部抵抗:4Ω ●ダイアモンド針:Nude Replicant 100、5×100μm ●適正針圧:2.6g ●自重:13.0g