パグパパ
パグパパ
テレビを買い換えるだけだった筈が気がついたらいつの間にか泥沼に…SOULNOTEは手放して、LUXMANのD-06に、超お気に入りだったALLION T-125svからプリをBOULDER 810に、…

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

レビュー/コメント

ALLION
Ultimate T-125sv
¥630,000(税込)
発売:2008年5月21日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

音が喜んでいるアンプ!

 ふと立ち寄ったアバック新宿店の試聴室で、バカでかいQUADRALのスピーカーからあまりに綺麗な音が流れていて、当然、そこにあったマークレビンソンかクレルのセパレートで鳴らしているのだろうと思って覗き込んだら、このALLION Ultimate T-125svがQUADRAL(たぶんMONTAN Ⅶ)をやすやすと駆動していたのに驚愕、言葉を失いました。
 早速僕の使っているのと同じパイオニアのS-3EXにつなぎ換えてもらい、音の心地よさ、気持ちよさにひととき酔い痴れました。まるで音たちがコロコロと笑いさざめきながらひとときのダンスを踊り、来ては去り、寄せては引いていく。それもアンプが色づけするのではなく、音の一粒一粒をただただ丁寧に洗って磨いて、音そのものの美しさを際立たせている…そんな感じです。まったく、「すごい」としか言葉がありません。唯一気懸かりだったのがAVアンプとの接続ですが、入力の一つをボリュームを介さず直接パワー部に入力する、いわゆるパワーダイレクトの仕様にも特注で対応していただけるとのこと。ホントはアンプ買い替えは冬のボーナス時期のつもりだったし、貯金をはたいてもちょっと足りないし、何よりアキュのE-213は買ってから3か月しか経ってないし…だったんですが、もうこれは行くっきゃありません。
 ALLIONの音に驚愕し、アバック新宿店に何度も通って、点描派の絵画のような音の粒立ちの綺麗さ、余韻嫋嫋といつまでもたなびくようでいて、未練を見せず音の記憶だけを残してスッと消え入る、その消え際の美しさに惚れ込んで結局購入を決定したわけですが、後日の試聴会で聴いた200V仕様になると音の一つ一つがさらにリッチでメロウに、それでいて輪郭がくっきりしてきて、また静寂がより深く美しく目の前に広がるような印象を受けました。あれでもまだ充分に温まってないとのことでしたが、いったいどれだけのポテンシャルを秘めているのでしょう。
 しばらくはアバック新宿店で常設で試聴できるようですので、是非一度聴いてみてください。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●周波数特性:20Hz〜120kHz (+0, -1.5dB) ●定格出力:125W×2 (8Ω) ●SN比:86dB(1V入力 10W出力時 UN-WTD) ●全高調波歪率:0.03%以下(1kHz 10W出力時) ●定格電圧:100 V、200V切り替え仕様 ●サイズ:442W×110H×370Dmm ●質量:約14kg