シルリア
シルリア
本格的にオーディオを始めて今年で8年目になります。 趣味がオーディオの人が私の周りに皆無なので、このコミュなら意見交換出来そうなので来ちゃいました。 高価な機材は貧乏なのでありませんがその…

マイルーム

リスニング環境について
リスニング環境について
その他 / 書斎兼用 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
アパートで6畳しか広さが無いので大型のシステム構成は無理なのでコンパクトにまとめてあります!    所有製品を登録する際の機材のリストに無かった機材を書いておきます。 D/Aコンバーター  …
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

レビュー/コメント

TH-L32V1
PANASONIC
TH-L32V1(VIERA)
¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)
発売:2009年4月15日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

32インチで数少ないフルハイビジョンTV

約19年使用してきたブラウン管TVの調子が悪くなったので仕方なしに購入しました!

本当はプラズマTVで32インチの製品があれば良かったのですが、プラズマTVは37インチが最小サイズだったので37インチでは大きすぎて適当では無いので大きさ的にもちょうど良く、フルハイビジョン対応で最小サイズであるこの製品にしました。

家は集合住宅で、まだ地デジアンテナに変わっていないので受信出来るのはアナログ放送のみで、本来のデジタル放送は見れない状況で、意味が無いようにも思いますが、映像や音声等、細かく設定出来るので自分好みに調整出来るのが、当然の事なんでしょうが古いTVを使い続けてきた私には新鮮でした。

※会話は聴きとりやすいですが、低音域はあまり出ないようですが必要十分だと思います。


ハイビジョンに比べてアナログは全体的にぼやけたように映り、また映像に入るノイズや家の場合だとゴースト等が多少あったのですが、映像の設定を詰める事で、鮮やかでありながらも色の滲みがとても少なく、ノイズの少ない高品位なアナログ映像に変化しました。ゴーストも無くなりました。

文字も読みやすく結構ハッキリと表示されて、とても良いです。


また、個人的に1番気になっていた動きの速い映像で発生するぼやけるような症状(液晶酔い)は、機能的には倍速液晶なだけで珍しくは無いのですが、ほとんど気にならないレベルで4~5年前と比べると随分進歩していると感じました。


番組のエンディングで流れるテロップもスムーズに流れて見やすい印象です。


速い動きについて行けないのは液晶なので仕方が無いのですが、気分が悪くなるような不自然な動きにはならず、十分許容出来る範囲だと思います。

視野角も広くてどこから見ても見やすく均一で、これも好ポイントです。

デジタル放送を視聴した感想を書いていないのでレビューの意味を持たないかもしれませんが、部屋の広さの都合上32インチがベスト!と、言う方でなお且つフルハイビジョンで無ければならないという方には数少ない候補の中の1つです。


追記

アンテナを接続しBSデジタル放送を見る事が出来ました。

今まではテレビが古すぎてBSチューナーも内蔵されていなかったのでビデオデッキのBSチューナー(当然アナログBS)で視聴してきましたが、今回初めて自分の部屋でBSデジタル放送を色々と視聴しました!


ハイビジョン放送を行ってるチャンネルが多くていろんな番組を見て画質のチェックが出来ました。


ハイビジョンならではの細部までくっきりはっきりとした色鮮やかでまた臨場感のある映像は見れば見るほど引き込まれる美しさで時間を忘れてしまうほどの感動がありました。

ゴーストは無く、ノイズも極めて少ない高品位な映像美を堪能できて、満足しています!

陽の当たる所と日陰の細かい表現や生き生きとした木々の緑の美しさ、海面に反射する光や臨場感溢れる、まるでスタジアムで実際に見ているような感覚で映るサッカーの試合等、部屋にいながらにしてこんな贅沢が出来るとは、良い時代になった!と、大きな喜びを感じています。


1番アナログ放送との差を感じたのが、赤色の表現でした。

アナログ時代はどうしても赤色にノイズが結構のってしまって色が滲んで接続ケーブルを変えたりしても改善しなかったのですが、デジタルになると、この赤色のノイズや滲みがよーく見ないと確認出来ない程に目立たなくなった点でした。

ハイビジョン恐るべし!という感じです。


私がこれまで約20年もの長期間使用していたTVの映像が自分の基準だったので、この約20年の間に大きく時代が変化しており、私もようやくハイビジョン放送を楽しめるようになり、世の中の流れに追いつく事が出来たので、ビジュアル方面に投資したくなる気持ちが理解できるようになりました。



TVの故障という事で渋々購入したTVですが、ハイビジョン映像の優位性を頭で解ってはいても再認識させられる結果になったので、やはり大満足という結論です。


視聴出来るチャンネルが増えた分、TVを見る時間が増えそうです・・・。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●画面サイズ:32V型 ●画素数:1,920×1,080 ●コントラスト比:20,000対1 ●受信チャンネル:地上デジタル(CATVパススルー対応)、BSデジタル、110度CSデジタル、地上アナログ、CATV ●音声実用最大出力:総合20W(JEITA) ●入出力端子:HDMI×3、D4入力×1、ビデオ入力×3、モニター×1、RGB入力(ミニD- Sub15Pin)×1、光デジタル音声出力、Irシステム、LAN端子、ほか ●消費電力:134W ●外形寸法:777W×578H×218Dmm(スタンドあり) ●質量:約14.5kg(スタンドあり)