マイルーム

和室六畳で頑張ってます。
和室六畳で頑張ってます。
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~7.1ch
和室の六畳にスクリーン100インチ、PJはHD1、JBL4338、MC500、C-9、DCD-SA1等を無理やりセッティングしています。。。。
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    SHARP LC-60US45
  • スピーカーシステム
    BOSE 301V
  • Blu-ray Discレコーダー
  • プリメインアンプ
    PIONEER A-70DA
  • パワーアンプ
    MCINTOSH MC402

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

レビュー/コメント

DCD-1650SE
DENON
DCD-1650SE
¥178,500(税込)
発売:2009年7月下旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

感想

昨年の末に中古で購入しました。



SPはスペンドールSP3/1P、アンプはオルトフォンLMA-60です。
プレイヤーはマランツ「CD6003」→ケンブリッジオーディオ「azur650C」→オンキョー「C-S5VL」から今回の「1650SE」に変わりました。
その間、スピーカーとアンプは変わってません。
感想を書くと、
マランツは繊細
オンキョーはクリア
デノンは力強い
ケンブリッジはデノンに近い感じの感想です。

よく試聴するソースはカントリー(女性)、ジャズ、女性ボーカルなので1650SEが一番気に入りました。

作りはしっかりしてます。
良くも悪くも日本流の音質追求型だと思います。
ケンブリッジは内部はそこそこ詰まってましたが外装はそんなに凝ってませんでした。

SA1も所有していますが作りはそれに匹敵しますしトレーなんかはSA1が樹脂製なのにたいして1650SEはダイキャスト製です。
正直、SA1と1650SEが値段ほど差があるとは思えません。
まあ、SA1も2年近く前ですが新品を特価で20万円前半で購入しましたのでその当時が1650SEが売られてた値段を考えるとそんなもんかな?
と思いますが。。。

1650SEにバランス出力が付いたら上の機種は売れなくなるんではと思うくらい良く出来た機種です。

でも、、、私がオーディオに興味を持ったころに初代が出ましたがその頃は定価が10万円くらいだったのを思うと高くなりましたね。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】
<SACD部>●信号方式:1ビットDSD ●サンプリング周波数:2.822MHz ●アナログ出力チャンネル:2チャンネル ●再生周波数特性:2Hz〜50kHz(-3dB) ●再生周波数範囲:2Hz〜100kHz ●SN比:119dB ●ダイナミックレンジ:114dB ●高調波歪率:0.0008%(1kHz、可聴帯域) ●ワウフラッター:測定限界以下 ●出力レベル(UNBALANCE):2.0V(10kΩ)
<CD部>●信号方式:16ビット・リニアPCM ●サンプリング周波数:44.1kHz ●アナログ出力チャンネル:2チャンネル ●再生周波数特性:2Hz〜20kHz ●再生周波数範囲:2Hz〜20kHz ●SN比:119dB ●ダイナミックレンジ:100dB ●高調波歪率:0.0017%(1kHz) ●ワウフラッター:測定限界以下 ●出力レベル(UNBALANCE):2.0V(10kΩ) ●デジタル出力:COAXIAL→0.5Vp-p/75Ω、OPTICAL→-15〜-21dbm、発光波長→660nm
<総合>●消費電力:23W ●外形寸法:434W×137H×336Dmm ●質量:13.5kg