kakki
kakki
昔はオーディオ活火山でしたが、最近は噴火の予定も無く、休火山になりました。 子供が大きくなって、余裕が出来たら活火山に戻れるかな。

マイルーム

将来は専用室が欲しいのう・・・
将来は専用室が欲しいのう・・・
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
リビング兼用のオーディオルームです。
所有製品

日記

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

レビュー/コメント

SONY
MDR-7506
¥18,900(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

とにかく気軽に使える名機

SONYの業務用ヘッドフォン。アメリカのスタジオでよく使われているとのことである。スターウォーズのメイキング画像で、ルーカス監督が使用しているショットもある。

■音質
特に高音質というわけではないが、適度に解像度があり、かつ、低音が躍動的(少し盛り上がっているとも言う)なので、楽しく音楽を聴くことが出来る。

いわゆるモニターライクな感じは薄く、音楽鑑賞にも十分使えると思う。よく比較されるMDR-CD900STとは全く異なる音だと思う。MDR-CD900STは、より解像度が高くフラットで、ただし、聴いていて面白みの無い音である。音楽を聴くなら、断然MDR-7506の方が良い。

■使い勝手
私はこのMDR-7506が非常に気に入っている。過去には、色々な高級ヘッドフォンを使っていたこともあるが、今はこれ一本である。それは、ヘッドフォンとしての様々な要素のバランスが程よく取れており、使い勝手が極めて良いからである。

まず特筆すべきは、その重量である。スペック上は230gであるが、非常に軽量な部類、誇張して言えば最軽量クラスである。非常に軽いため、長時間使っていても首が疲れない。

海外勢の高級ヘッドフォンだと比較的軽量(例としてオープン型の名機HD650は260g)であるものの、例えば国産のオーディオテクニカの高級ヘッドフォンだと確実に300g台後半の重量である。このぐらいになると、1時間も使っていると首が痛くなり、肩がこるのである。230gのMDR-7506は、まずその軽さが魅力的である。

次に良いのは、手荒い取り扱いに耐え、かつ、気楽に扱えるということである。スタジオモニターとして設計されているためか、シンプルで丈夫に作られており、取り扱いには一切の気遣いが不要である。また、頑丈な高級品だと「安心感」という表現になるところだが、MDR-7506の場合は、値段が安い(1万8000円程度)こともあって「気楽さ」という表現が適切だと思う。最近ずぼらな私としては、安心感より、気楽さのほうが好ましい。

ユーザビリティが良いのも嬉しいところである。折り畳みが可能で、持ち運びや収納が楽であること、サイズ調整機構がシンプルで一瞬でサイズを合わせられること、コードが片出しカールコードでハンドリングが良いこと、能率が適切でポータブル機器とオーディオセットどちらでも音量が取りやすいこと、側圧が適度で頭からヘッドフォンがずれないこと・・・。使っていてストレスが溜まることが一切無い。完全にストレスフリーである。

最後に、重量の項目とかぶるかもしれないが、装着感が良いこともあげておこう。まず側圧が適切で頭が締め付けられないところ。スニーカーを履いたような軽い側圧であり、ハウジングが耳を覆う形になっているため、耳が痛くなることも無いのである。また、パッドの厚みも適切で、装着感が良いにも関わらず、蒸れづらい。高級ヘッドフォンだと蒸れてしまうこともあるが、MDR-7506のパッドは面積も小さく夏場の使用も快適である。

というわけで、思いつくままに色々書いたが、一言で言えば、使っていて快適で一切ストレスが無いということだろうか。壊れたら直せば良いし(補修部品も潤沢でかつ安価)、最悪は買いなおせば良いというのも高級ヘッドフォントは違うところである。

■欠点
欠点はないと個人的には思うが、例えばテレビを観賞するときなどには使えない。それはコードの長さが1m程度しかないからである。離れた機器の音を聴くには、よりコードの長い機種を選ぶ必要がある。

・・・というわけで、万人におススメできる機種だと思うので、ヘッドフォンが1台も無い場合は、まずこのMDR-7506を持っておくと便利である。家にスニーカーがあると便利であるのと一緒である。高級な革靴もいいが、雨に降られたり、傷がついたら悲しい気持ちになるものである。スニーカーにはそんな気遣いは要らない。ガンガン使ってあげるのが正しい使い方である。スニーカーの気楽さを是非体験して欲しい。

レス一覧

  1. by 音楽大好中年 at2008-11-07 23:37

    はじめまして、

    かなり昔、「007は、2度死ぬ」でカセットデッキが登場して以来
    SONYは、もうアメリカのメ-カ-ですよ。
    今のアメリカで日本のメ-カ-だと知っているアメリカ人はほとんどいないとか。
    ちなみにSONYの大株主もアメリカの企業ですね。

  2. bykakki at2008-11-08 10:03

    音楽大好中年さん、

    はじめまして。

    アメリカでは、Lexusもアメリカのブランドだと思われてたり・・・結構、日本のブランドや、メーカーをアメリカ発祥だと思っているようですね。

    日本人としては複雑な気持ちですが、日本のブランドや海外でも愛されていると思えばいいのかもしれないですね。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドラーバーユニット:口径40mm、ドーム型 ●感度:106dB/mW ●再生周波数帯域:10-20KMHz ●インピーダンス:63Ω(1kHz) ●最大入力:1,000mW(IEC) ●コード:約1.2m(伸長時:約3m) ●入力プラグ:金メッキステレオ2ウェイプラグ ●質量:約230g(コード含まず)