平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

日記

レビュー/コメント

COPULARE
ZONAL TONE-BASIS SERIES A
¥929,250(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

音質

ラックはなかなかいいものがないのですが、これには驚きました。

以下 自分のプログからの引用です。

基本は剛性で固めている部分と、遊びの部分が一つ前の日記でわかると思う。
前後左右に押してもビクともしない。

試聴ディスクは いつものマシン泣かせの加古隆 アニバーサリー収録の「富の攻防」

音はあちこち掃除しながら聞いていた伴侶が、「ズドンと来て、何コレ! アンプ替えた?」という風である。

重心は落ち切り、音は左右前後上下に飛び交い、音の万華鏡の世界が飛び出してきた。
聴感上では、S/Nが上がって、演奏の微細なニュアンスがさらに聞き取れるようになった。

分解能では、このガルネリ・オマージュの小型2ウェイ+ヴェロダイン46センチ DD-18とすれば、最高クラスと断言しても構わないと思う。

そうして、インシュレーター コーラルリフター オーディオ専科のWE300B(50年代)プッシュプルにて実験。

1 付属のプラ足下へ
音数が上がる

2 コプラーレ 自然牛革経由 機器直接の前1点 後ろ2点
音が前に出て、楽音にさらに正確になる。

3 前2点 後ろ1点
音が後ろへ。楽音の飛びではないので落第

4 4個での通常の支持
これが音が拡散しないで、もっとも音離れよく、楽音に正解で高分解される。
これがベスト

ただちに44個を発注した。
インシュレーター代だけでちょっとしたハイエンドアンプが買えるお値段となるが、bronzeで全部を揃えられる経済的体力がない立場からは、これでも大きな妥協である。
このインシュレーターは強烈であった。
伴侶も一緒に聴いて、たかが足(インシュレーター)というなかれを感じ入ったようだ。
当然ただちにGoサインが出る。

ゴム足、プラ足などとは、音数 音離れでも別格であった。

納品は、1個づつ高さを微調整できるものとなって、4つ足の遊びがないようにセッティングできるものとなる。

しかし、クリアーサウンドイマイさんで下記の実験にて想像は出来ていたが、かくも違うとは。二重の確認である。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=717890141&owner_id=8290003
サブウーハーのヴェロダインから締まった最低域がズン!と出てきて、壁越しにでも伴侶は違いが明らかだそうだ。

・床直置き
板に、演奏者を貼り付けたような音出で論外。
演奏の細かさも出ず、やや混濁状態。

・上記写真右側の木製板+その内部に水晶粉のようなものが入った横板のラック
広がり、奥行きなどはるかによくはなるが、もう少し楽音は抜けて欲しい。

・上記ラックに、写真の天然珊瑚インシュレーターをヴィタスオーディオの足の下に敷いたもの



スッと抜けてくる音
もう少し奥行き感や広がりが欲しい。

・写真左側のブロンズラック
出音自体の品位、品格がワンランク上がった。
シンバルであれば、真鍮の重さがはっきり感じられる音
ケーブルその他でどうのこうのなるレベルではない。

・上記ラックに天然珊瑚インシュレーターをヴィタスオーディオの足の下に敷いたもの
楽音が自然に出てきて、聞いていて疲れない。
今回のベストの組み合わせ。

となると、ブロンズ3~4段 3組に 同じブロンズのパワーアンプ台がベストとなるが、ドイツ高級車の上等分1台分になることが判明して諦める。
その分は珊瑚インシュレーターに頑張ってもらうしかない


自分の持ちものを褒め称えるのは気持ちいいものではないが、お勧めの現代最強ラックの一つであろう。
とりわけ、Bronze。
支柱の重さから棚板裏の自然放牧牛革、棚板のブロンズの厚み、支柱には、プロボクサーがマウスピースに用いる衝撃断振材が紛入されている。

4年間、決してラックには妥協すまいとラック探しの旅を続けて、富山まで試聴に出かけた甲斐があったというものである。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする