たくみ@深川
たくみ@深川
下町は深川在住の音楽ファンです。旧録音のクラシックから、最近のワールドミュージックまで、時代、ジャンルを問わず何でも聴いてます。

マイルーム

板張りの専用オーディオルーム
板張りの専用オーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~4ch
16畳ほどの板張りの専用オーディオルームです。 建てた当初は響きすぎでどうしょうもなかったのですが、 5年ほど経ってかなり落ち着いてきました。
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
  • その他オーディオレコーダー
    SONY PCM-D50
  • プロジェクションテレビ/ディスプレイ
  • AVプリアンプ
    ACCUPHASE CX-260
  • カートリッジ
    AUDIO-TECHNICA AT-F3II

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

レビュー/コメント

KLIMAX KONTROL
LINN
KLIMAX KONTROL
¥1,785,000(税込)
発売:2002年12月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

SE化により更なる進化を遂げたリファレンスプリアンプ

 発売された当初に新品で購入して以来の愛機です。PASS X1からの乗り換えでした。
 このプリアンプの良さとして、まずとてもユーザーフレンドリーであること。アナログをプレイする時のミュートもボタン一つでかかるし、各入力毎のレベル設定もできるし、マン・マシーン・インターフェイスとして非常に優秀だと思います。
 音もとても素晴らしく、ワイドレンジでありながら、LINNらしい中域の密度感、音楽の躍動感を伝えてくれる数少ないプリアンプの一つです。システムに対する支配力が強いので、購入を検討される方は自分の好みに合うか、試聴されてからの方が良いでしょう。
 この度、基板の全面交換等を含むSE化により、S/N感、背景の静寂さ、音の立ち上がり、低域の伸びなどが大幅に向上し、これまでの欠点(ホワイトノイズの多さ、ゲインの低さ)を完全に払拭した、まさにリファレンスプリアンプにふさわしい進化を遂げたと思いました。アップグレード費用は安いものではありませんが、オーナーの方は是非アップグレードに踏み切ることをお勧めします。

レス一覧

  1. by山田野案山子 at2009-01-01 09:10

    深川@たくみさん、山田野案山子です。明けましておめでとうございます。こちらのサイトに登録されたのでいつかは記事を書かれるのではと思っていました。
    このプリアンプのアップグレードも、段々オーナーに浸透してきているようです。最初はなかなか自分の思ったように再生できなくて、苦労する方もおられると思いますが、時間をかけてじっくり取り組めば、素晴らしい真価を発揮するようになります。プリアンプはシステムの要で支配力は当然高いと思います。しかしこの支配力が全くないプリアンプは使っていて全然楽しくないので、自然と直ぐに飽きてきてしまいます。それだけじっくり自分に合ったプリアンプを探すのは難しいですけど、しかし最高に楽しい時間でもありますね。

  2. byたくみ@深川 at2009-01-01 09:55

     山田野案山子さん、明けましておめでとうございます。
     確かに最初はそれまでに比べて、音のエッジがやけに強調されたり、ソプラノやヴァイオリンがややブライト気味の音色になったりと、「こんなはずでは」という感じだったのですが、今は自分の音楽になくてはならないキーパーツになっています。正に自分のシステム全体を「コントロール」する存在ですね。
     案山子さんもブログで書かれていましたが、もし自分の装置の中で「火事になったら持ち出すもの」を挙げろと言われたら、間違いなくこのプリアンプでしょう。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】
●形式:ラインレベル2chレファレンスプリアンプ ●入力端子:RCA PHONO×3、XLR(2番ホット)×1 ●出力端子:RCA PHONO×1、XLR(2番ホット)×1 ●インピーダンス:300Ω(アンバランス) / 600Ω(バランス) ●ダイナミックレンジ:115dB ●消費電力:15W ●外形寸法:350W×60H×355Dmm ●質量:9kg