斑駒
斑駒
HNを変更しました。 ロジコマ改め『斑駒(フチコマ)』です。 オーディオ歴は高校生から初めて三十年を超えました。 CP(コストパフォーマンス)を重視しつつ、 150万のシステムを手に入れた…

マイルーム

ニアフィールドリスニングの世界
ニアフィールドリスニングの世界
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
最終形です。 交差法(45度)/スピーカー間隔136cm/背面距離25cm センターラックでPCを最上部にセット。 2019年2月、スピーカーセッティングを正三角形(60度)に変更。 …
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お気に入り製品

レビュー/コメント

S143
JBL
S143
¥294,000(税込)
発売:2001年冬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

LE14を祖とするウーファーと伝統の175系コンプレッションドライバーホーンはJBLサウンドの王道です。

購入から10年。
今も色褪せないJBLサウンドは10年間不動でした。
こんなに長く1つのスピーカーを使ったのは初めてです。
ホーンの音は他を寄せ付けない圧倒的な物です。

本来は大音量で慣らすと真価を発揮するスピーカーですが、
小音量でもホーンから出る音は明瞭できりっとしています。
まさに音が飛んでくる感じです。

市場ではあまり人気がないようですが、フルサイズのブックシェルフがいまひとつかもしれません。(自分のシステムでも最終的に専用スタンドを購入してフロア型として使っています)

10年経つと部屋の老朽化(?)による音漏れ、聴く側の体力低下(スタンド込みで70kgは1cm動かすのも重労働)、慣らしきれないストレスでいよいよ交代の時期がきました。

10年目を記念して最終レビューです。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

●インピーダンス:6Ω ●許容入力:100W (RMS) ●出力音圧レベル:92dB(2.83V/1m) ●周波数特性:35Hz〜70kHz ●外形寸法:453W×640H×395Dmm