oryaaaaa
oryaaaaa
激安環境で作者してるのに、High-Endの実績があるフリーソフトウェア作家。写真は High-End 2018 ミュンヘンにて、ユーザーが教えてくれました。ハイエンドオーディオ向け超高音質サウンドプ…

マイルーム

 
 
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 
所有製品

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

  

レビュー/コメント

FinePix F30
FUJIFILM
FinePix F30
¥OPEN(予想実売価格55,000円前後)
発売:2006年5月27日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

新聞や雑誌記事の撮影ばかりに使用中w

FUJIFILMのデジカメで一番便利なのは、文字撮影が簡単操作で綺麗にとれることです。意外と知られてないのですが、他のメーカーだと複雑面倒な操作になります。一度設定すれば、あとはダイヤルをセットするだけなんですよ。

やり方
撮影モードのダイヤルを「N/SP」へセットする。上下左右カーソルにある「MENU/OK」を押して、シーンの選択で「文字の撮影」を選ぶ。あとはひたすら撮影です。たとえばポケットサイズの小説本ありますよね、あれを全ページ撮影するのに必要な時間は、一生懸命速読したときと時間アマリ変わりません。これに慣れるとスキャナーの存在意義が危うくなります。最高解像度を1GBメモリカードで600枚撮影できますから、全ページを撮影してもお釣りがあるんです。1ページの撮影時間が、ページめくりと撮影で5秒未満ですから、文字の撮影が中心になるならF30おすすめです。

二回目以降のやり方
撮影モードのダイヤルを「N/SP」へセットする。撮影するだけ。

文字の撮影は輪郭強調処理が撮影時に直接行われるので、あとから画像編集しても他メーカー製品ではF30の文字撮影品質に勝てないでしょう。また観光地での文字で書かれた案内板は普通のデジカメ撮影だと文字が不鮮明ですが、この文字の撮影モードでは鮮明に撮れるので色んな用途があります。いろんな本や雑誌、あとで見られたらいい程度なら、F30でデジタル化して整理できます。やってみてください。

レスを書く

このレビューはレスが許可されていません。

【SPEC】●有効画素数:630万画素 ●撮像素子:1/1.7型スーパーCCDハニカムHR原色フィルター採用 ●記録媒体:内蔵メモリー、xD-ピクチャーカード ●レンズ:フジノン光学3倍ズームレンズ ●デジタルズーム:最大約6.2倍 ●液晶モニター:2.5型TFTカラー液晶モニター、約23万画素(視野率約100%) ●電源:充電式バッテリー NP-95(リチウムイオンタイプ) ●外形寸法:92.7W×56.7H×27.8Dmm ●質量:約155g