oryaaaaa
oryaaaaa
激安環境で作者してるのに、High-Endの実績があるフリーソフトウェア作家。写真は High-End 2018 ミュンヘンにて、ユーザーが教えてくれました。ハイエンドオーディオ向け超高音質サウンドプ…

マイルーム

 
 
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 
所有製品

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

  

レビュー/コメント

ER-6i
ETYMOTIC RESEARCH
ER-6i
¥OPEN(予想実売価格15,800円前後)
発売:2005年9月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

湿り系の耳なら、かゆいのが難点

楽器の演奏者や、よく生の演奏を聞く人なら倍音表現に優れると言うとイメージがつかめるだろう。音が鳴る周波数は低いのだけど、心地良く感じるのは共振から生まれた"n倍"の周波数、この表現力に優れているイヤホンが ER-6i なのです。中高域の音の表現は、このクラスにしては驚異のレベルに達しています。その代わり低音が弱く、プレイヤー側で強調させないと満足できないかもしれません。

短所としてカナル型でも、この3段重ねが人によって痒く感じることがあります。私の耳は湿り系で長く聞くには苦痛をこらえなければならず、耳かけ式のイヤホンへ仕方なく変更しました。MDR-Q68LWの形状と使い勝手で、実勢1万ぐらいの高級仕様が出るまで辛抱の時です。それがもし倍音表現に優れたものだったら、歴史に残る名機となるだろうに(倍音表現悪いモデルなんてそもそも関心無し、注意されたし)。加えてポータブル用途なのでインピーダンスが16オームに収まってくれないと困るわけで。こうした国産品の現状から、ER-6i しか選択できそうにない。

ケーブルの断線は、引っ掛けてしまう注意をしないといけません。この断線は根元から切れて修理不能です。ケーブル長があるので、ドアの取っ手やシートベルトなど、そのまわりでは慎重に扱いましょう。イヤーチップは交換可能です。湿り系の耳は黄色くなりやすく早めの交換をおすすめします。耳の不潔感は意外とダメージが大きいので気をつけて下さい。

レスを書く

このレビューはレスが許可されていません。

【SPEC】
●型式:ダイナミック型 ●周波数特性:20Hz〜16kHz ●感度:104dB ●インピーダンス:4Ω ●最大出力:120dB ●質量:12g ●コード長:左1m、右1.2m、3.5mmステレオプラグ、Yケーブル ●カラー:ホワイト ●ラインナップ:ER6/\14,700(税込)