Taka-sanZ
Taka-sanZ
70年代-80年代にかけてのオーディオブーム。そのころ私はまだ子供。父がオーディオにはまるのを横で見ていました。 その影響を受けてか、中学校に上がるくらいから細々とオーディオ趣味を続けています。…

マイルーム

愛しの機器たち
愛しの機器たち
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真などでお見せするほどのことはない(むしろ、恥ずかしくてお見せできない)のですが、現在の所有機器の中で、PhileWebのDBに登録されていないものを順次書いていきたいと思います。 2010/…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

レビュー/コメント

MediaMate II(BK)
BOSE
MediaMate II(BK)
¥15,540(税込)
発売:2003年6月中旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

この手のものを作らせるとBOSEは上手い

すでに生産終了して久しい製品ですが…現在もPC用スピーカーとして愛用しております。

こんな小さいくせにBOSEの音がするのが生意気ですばらしい。
「ね、僕で聴くの楽しいでしょ?ね?」とスピーカーが語りかけてきます。

メジャーなブランドであり、かつ個性の強い音がするためか、いろいろ言われるBOSEですが、使われる用途をきちんと見据えた上で、それに見合った能力をきっちり与えるあたりはさすがです。
このモデルで言うと、音楽の基本的な部分をきっちり聴かせ、それ以外は無理しない。ゲーム等で迫力を稼ぐために低音をちょい盛り上げる。で全体的に陽性な音で…という感じでしょうか。

他の同種の製品と比べて、明らかに高価だったのはご愛嬌で。

ただ、新品の時からスピーカ間を繋ぐケーブルの接続部がぐらぐらなんですよね。
なぜ新品交換しなかったかというと、あまりに惚れ込みすぎて手放せなくなったからです(苦笑)。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●ユニット構成:57mmフルレンジドライバー(防磁型)×1  ●定格出力:5W×2 ●入力感度:0.25〜2.25V ●電源電圧:AC100V(50/60Hz)※専用アダプター付属 ●入力端子:RCAジャック(インピーダンス9kΩ)×2組(A/B) ●ヘッドフォンジャック:3.5mmステレオミニジャック(3V rms into 100Ω>1%THD) ●外形寸法:82W×188H×213Dmm ●質量:0.96kg(右)0.82kg(左)※スピーカーケーブル含