NEKOMARU
NEKOMARU
使用蓄音機 HMV130(英国グラモフォン社製) HMVの卓上モデル。上級機種と同じ2丁スプリングモーターです 。上級機と同じNO.5Aサウンドボックスを備え、生々しい音楽を楽しめます。 ビクト…

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

レビュー/コメント

MS1001
M's system
MS1001
¥126,000(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

どうしてこれだけの音が出るのか?

トレンド雑誌の記事を見て、試聴に行って、衝動買いしたモノです。

波動エネルギー云々という触れ込みは、「?」ですが、音の立体感といいますか、「あたかもそこに演奏家がいるような」という宣伝は、そのとおりだと思います。
少なくとも、この価格帯でこれだけの音が出るスピーカーは中々見つからないだろうと思います。
真夜中に食べ歩きのテレビ番組の音声をこのスピーカーで聞いていたら、ラーメンを啜る音が大変生々しく、リアルなので、我慢できなくなって外に食べに出かけてしまいました。

使われているのは、フルレンジのスピーカーだけですし、第一、どう見てもまともな音が出るような形ではないのですが、信じられないほどの音が出ます。

百聞は一見に如かずと申します。
興味のある方は、試聴をオススメします。

レス一覧

  1. byNEKOMARU at2007-06-16 20:37

    レスありがとうございます。

    私のアンプからスピーカーまでの組み合わせですが、アンプからLUXMANのスピーカーセレクタを経由して、SX-WD5(日本ビクター)とMS1001(エムズシステム)に接続しています。

    「スピーカーの置き方は何も考える必要はありません。極端に言えば、床に転がしておいてもいいですよ。」と試聴の際に言われました。

    ずいぶん乱暴な話に聞こえますが、次のような理由があります。
    「既存の概念では、スピーカーといえば、ライト、レフトの2つスピーカーが必要でした。
    左右の音をバランスよく聞くためには、最適なリスニングポジションを選ぶ必要があり、左右のスピーカーから出る音がぶつかる場所が一番よい場所とされ、そのポイントは一箇所に限定されていました。
    驚くべきことに、エムズシステムのスピーカーはたった1本であたかもそこで演奏家が生演奏で演奏してくれるような音を再現してくれますので、目の前にあらわれたコンサートステージ上の演奏をいろいろな位置から聴くかのごとく、限定されたポジションなく、好きなときに好きな場所で聞くことができるのです。
    空間全体が音に満たされますので、耳だけではなく、からだ全体で音を感じ、ライブ感あふれる豊かな音に包み込まれる至福の感動を味わっていただけます。」(エムズシステムHPより)
    だから、リスニングポジションとか、セッティングというようなことを一切考える必要がないということです。

    また、このスピーカーのことは日記に書きたいと思います。

  2. by森図春人 at2011-10-10 15:36

    こんにちは、はじめまして、森図春人と申します。
    フルレンジのスピーカーを円筒形のボディの先端に配置するスピーカーには確か、ヨシイ9というのがありましたね。コレは立てて置きますけど。ヨシイ9は一度試聴に行きました。アンプは亀の甲羅のような形の専用のものを使っていました。臨場感あるリアルな音がしていました。ところでこのスピーカーのお値段ですが、12万6000円といいますのは、2本のお値段でしょうか??

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●インピーダンス:8Ω ●最低共振周波数:80Hz ●再生周波数帯域:fo〜22kHz ●許容入力:15W ●外形寸法:φ200×400mm ●質量:3.2kg