Q.E.D
Q.E.D
映画、音楽、ゲーム、蹴球を楽しむ会社員です。 ROM専でしたが機器の管理もしたくなり、当コミュに登録しました。 皆様、よろしくおねがいします。。。

マイルーム

That's アンバランス
That's アンバランス
その他 / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
KRP-600Aが部屋の中心です。
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

レビュー/コメント

RM-PLZ510D
SONY
RM-PLZ510D
¥4,935(税込)
発売:2008年6月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

初めての学習リモコン

リモコン機器が増えてきた為、初めて学習リモコンを使ってみました。
感想としては、

■長所
1.主要メーカのパターンは記憶済みの為、簡単に登録できるものがある
※私の環境ではTVだけでしたが問題なかったです
2.8台のリモコンが登録できると有るが、ボタン一つ一つに信号を学習できる為、9台以上のリモコンでも事実上問題ない
3.背面は高級そうに見える(実際に触ると、ちゃちですが。。。)
4.リモコンの上下に凸部が有るので、下向きにおいてもボタンが触れない
5.信号の強度は問題ないレベルかなと
6.マクロ機能はあると便利

■短所
1.初期登録はどうしても面倒
※テレビ、アンプ、プレーヤー、エアコン、照明と登録するだけでも…
2.印字されているボタン名はテレビ用なので、アンプやプレーヤーではどのボタンに何を割り当てたのか
記憶してないと使えない(メモしておけ、と言われちゃいますが)
3.マクロ機能にポーズ機能がほしい
※テレビON⇒入力切替までに間が無いと反応しないので

実売4000円しないという価格を考えても、おおむね満足です。
但し、短所の3番で書いた機能は後継機などではぜひつけて欲しいです。

レス一覧

  1. byP53 at2009-09-07 19:35

     私も2ヶ月前に購入して9台のリモコンをこれ1台に集約して使用しています。はっきり言って大変便利になり感激しています。もっと早く気がついて実行しておくべきでした。
     メモリーに入っている操作を消去して自分の好きな操作を入力することも可能なので好きなようにカズタマイズでき大変便利です。
     最初の消去入力等の操作が手間取り(慣れると簡単)1年持つとある電池が2ヶ月弱で残りわずかとなり(誤動作及び押しても操作できないキーが出てくる)故障したかと勘違いもしました。

  2. byQ.E.D at2009-09-07 20:52

    P53さん

    レスありがとうございます。

    リモコンがいっぱいあると、まずどのリモコンか探すところから始まるので、
    使えば使うほど嬉しくなります。

    電池については。いっぺんに操作できなくなるわけではないんですか。
    eneloopも買ってあるので早め早めに交換することとします(^∀^)

  3. byかつどん at2009-09-07 23:16

    私もつい最近買ったところで、思わずガッテンのレスです。(笑)

    私の学習リモコン履歴はというと、先代のRM-PL500Dからです。
    先代も学習させる方法は、RM-PLZ510Dと同様で
    Q.E.Dさんが長所に指摘されてますように、
    学習させ記憶させたり消去させたりする方法が
    たいへん直感的でわかり易く慣れると超便利です。
    残念ながら、先代(RM-PL500D)はつい最近になって
    機種切換ボタンの接触不良が顕著になってきたため、
    やむなくRM-PLZ510D(ブルー)に引き継いだという次第です。

    学習リモコンの最大の長所は、
    コンポーネントシステムにおいて真骨頂を発揮します。

    一例(我が家のリビングシアターの設置例)

    映像信号再生コンポとして
    (1)地デジ・チューナ
    (2)BS・CSチューナ
    (3)BD/DVDプレーヤ
    (4)APPLE TV

    映像・音声切替器として
    (1)映像D端子・RCA音声切替器

    オーディオ再生コンポとして
    (1)AVアンプ

    映像再生コンポとして
    (1)プロジェクタ

    として構成されている場合、
    セットに同梱されたリモコンをそのまま使うとすると
    7つのリモコンを縦横に操作しなければなりません。

    これをRM-PLZ510Dに学習させれば、1台で快適なリモコン環境が簡単に構築できるのです。
    いちばん簡単でわかり易い効果的な例をあげましょう。
    例えば、音量(大、小)に関する学習方法です。

    >2.8台のリモコンが登録できると有るが、ボタン一つ一つに信号を学習できる為、9台以上のリモコンでも事実上問題ない

    まさにこれなのです。
    すなわち、

    音量(大、小)は、
    この場合、映像信号入力コンポとして
    (1)地デジ・チューナ
    (2)BS・CSチューナ
    (3)BD/DVDプレーヤ
    (4)APPLE TV

    の4つの機種切換ボタンについて、
    AVアンプの音量(大、小)のリモコンキーを学習させれば、
    4つの映像機器に音量(大、小)ボタンだけは、AVアンプが付加されたことになるのです。
    そうすれば4つのどんな映像再生時においてもRM-PLZ510Dが1台あれば最適な音量が自在に設定可能というわけです。

    この他にもいろいろな快適な組み合わせがあると思いますが、
    これも使う人次第というかアイデア次第だと思います。

    ほんと、追加学習も簡単に変更できるので
    使えば使うほどうれしくなる超便利なリモコンです。(笑)

  4. byQ.E.D at2009-09-07 23:56

    かつどんさん

    詳細なレスありがとうございます。

    私もAVアンプの音量変更を、TV/アンプ/プレーヤとして登録しました。
    (シフト+音量でTVの音量も変更できるようにしてます)

    アンプのリモコンで音量変更ボタンを長押しすると5db毎変化するのに、
    学習させた音量変更では長押しが効かず悩んでましたが、
    学習させるときに長押ししたら無事解決!!

    登録さえできてしまえば、後は使うだけなのでホント便利ですね(^∀^)

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●外形寸法:54W×210H×27Dmm ●質量:約168g