カイくん
カイくん
KEFとタンノイを経てディナウディオをずっと使うつもりです。

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

レビュー/コメント

DP-550
ACCUPHASE
DP-550
¥609,000(税込)
発売:2012年12月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

予想通りの音に満足

 1枚目は「小田日和」を聴く。くっきりはっきり、でも低域もしっかり出ている。声のかすれのリアル感もよし。自分の望んでいた方向の音になった。プリアンプをC2820に変えたせいか、発売直後に自宅視聴したときよりもDP500との違いが明確に感じられる。
 次に、「ウィーン、ゾフィエンザールの名録音」、オーケストラもよし。
 3枚目は、SACDで角田健一ビックバンド、DP900/DC9O1の試聴会で聴いた感動を彷彿とさせる(気がする)迫力に圧倒された。ハーゲンカルテットのベートーベンでもSACDの良さが感じられる。
 ゆったり心地よいDP500も併用するつもりだが、当面はこの音を聴くことになるだろう。人気のDP720を2回も自宅視聴してG0できなかった私の結論です。

レス一覧

  1. bymerry at2014-09-16 15:57

    カイくんさん

    何度も自宅比較試聴をして納得されての購入だから良いですね。

    DP550は、DP600をベースにDACを新世代ESSに変更し、時代に即した機能を付加していますから、素性がよいハイコストパフォーマンス機ですね。

    拙宅では、10年以上使ったTEACのCDPからDP550に変えた時のメモに「DP550を購入してシステムのレベルが揃い、点でわかる澄んだ音源が空間にフワッと広がり、聴きなれたCDからは気付かなかった音が聞こえるようになった。お蔵入りしていたCDを次から次へ試聴していたら、いつしか外が白んでいた。」と記されております。

    DP550とDP720は両機とも新世代DACを使用する新しいAccuphaseの音ですが、比較すればDP550は仰るとおり”くっきりはっきり”DP720は”細かく柔らかく”という印象です。

  2. byカイくん at2014-09-17 06:24

    merryさん、いつも心温まる寛容かつ的確なレスをいただき感謝申し上げます。
    おかげで今日、職場であったいやな気分も吹き飛びました。

    正直なところ、200オーバーの各社のハイエンド機の音を聞いてしまうと、自分はそこまではいけない(出せない)、中途半端もいやだし・・・
    どこかで「足るを知る」ことにしなくては、ということで今回の購入と相成りました。
    どうか今後もよろしくお願いいたします。

  3. byterios at2014-09-17 21:44

    カイくんさん、初めまして。teriosと申します。

    良いCDPを手に入れられましたね。視聴して納得して買う、これが、一番ですね。自宅で視聴出来たなんて最高ですね。

    DYNAUDIOともども長く使用して下さい。私は、ACCUPHASEさんのCDPを聴いたことがなかったので参考になりました。

    これからもレポート楽しみにしています。よろしくお願いします。

  4. byカイくん at2014-09-20 06:46

    teriosさん、はじめまして。
    レスのお礼が遅くなってしまい、たいへん失礼しました。

    オーディオルームの完成、楽しみですね。私は20年前に増築したのですが、9畳で、もっと広くしておけば良かったと後悔しています。
    ハードは買いかえられても、部屋はこのままでいくしかないかなあとあきらめています。完成後のレポートを楽しみにしています。

    今後もよろしくお願いします。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●適合ディスク:2チャンネルSACD、DSDディスク(DSFファイルフォーマット)、CD ●レーザー・ダイオード発光波長:SACD用650nm、CD用780nm ●デジタル入力:HS-LINK、COAXIAL、OPTICAL、USB ●周波数特性:0.7Hz〜50kHz(+0、-3.0dB) ●消費電力:23W ●最大外形寸法:465W×151H×393Dmm ●質量:18.5kg