百十番
百十番
youtubeはじめました。 https://www.youtube.com/channel/UClhm88HPn7wqr2_TJ2H03rg/ オーディオを再開してから20年程度ですが、真空管ア…

マイルーム

システム概要
システム概要
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~5.1ch
メインシステム   ・トランスポート             自作PC、DENONユニバーサルプレーヤー、TVやLinuxPC、ラズパイなど   ・サンプリングレートコンバータ    べリ…
所有製品

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

MAJIK DS
LINN
MAJIK DS(DSシリーズ)
¥336,000(税込)
発売:2008年
このモデルは生産を完了しています
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

やっぱり凄いDS

日記より転記します。

スピーカーの調子が最近良くて、「スピーカーが消える」傾向があったのですが、このDSでは、音があらぬ方向から聴こえます。

アナログ出力はまだ試していなくて、デジタル出力からSRCでワードクロックを入れてDACのカプリースに入れるという構成です。

明確な音場を伴ってステージが広がり、時として左右のスピーカーの外側からも音が聴こえます。
音が詳しくなり(つまり情報量が多い)、音と音の間の静かさが際立ちます。
SNがどうのこうのという次元ではなく、ライブのように、楽器と楽器の間や音と音の間が無なのです。

☆ホームページで「ネットワークオーディオの研究」構築中。

レス一覧

  1. by夕日 at2012-02-29 07:00

    こんにちは!

     LINN DS 凄いですか。
     「情報量の多さ、SNの良さ」憧れちゃいますね~。
     いつか使ってみたいですね!

     参考になりました。3~5年後の自分の物欲計画にLINNを
     加えたいと思います!

     ありがとうございました。

  2. by百十番 at2012-02-29 22:31

    物欲大王さん、どうもです。

    私も5年から10年後の目標だったのですが、ヤフオクの中古が射程圏内だったので、いきなり行っちゃいました。

    かなり悩みましたけど。。

    しかし、満足しています。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●サポートファイル:FLAC、WAV、MP3、AIFF ●対応サンプリング周波数:7.35k、8k、11.025k、12k、14.7k、16k、22.05k、24k、29.4k、32k、44.1k、48k、88.2k、96k、1764.4k、192kHz ●対応サンプリング周波数:16〜24bit ●出力端子:RCAフォノ ●イーサネットインターフェース:100Base-T RJ45 ●コントロールプロトコル:UPnPメディアサーバー ●ローカル制御:RS232×2 ●外形寸法:381W×80H×360Dmm ●質量:4.2kg ●カラー:シルバー、ブラック