takhag
takhag
9.5畳専用室で2chオーディオと7.1.2chAVシステムの両立を目指しています。その他に家族で楽しむリビング7.1chも構築しました。日々グレードアップを画策中です。

マイルーム

専用室+リビングシアターで邁進中!
専用室+リビングシアターで邁進中!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上
9.5畳間の専用ルームと家族と過ごすリビング・シアターの二本立てで構成しています。 9.5畳間は、突き詰めたオーディオと、プロジェクタ中心のビジュアルです。 リビングは家族で気軽に楽しむ50インチ…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レビュー/コメント

SPEC
RSP-301
¥63,000(税込)
発売:2011年12月上旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

付帯音が整理され、美しく響く不思議な箱

想像で、暖かく柔らかい側にシフトすると思っていましたが、意外に尖ったところはきちんと尖って再生されます。
変化点としても最も大きいのは、無駄な付帯音が整理されることです。その分、倍音が綺麗に響きます。ギターやピアノの高音、パーカッションの金属系のパートが、美しいです。
また、定位がしっかりし、音像がコンパクトになりました。

いままで付帯音に消されてた細部(例えばボーカルの息継ぎのノイズ)が、浮び上がります。ここで、あぁ、それで「リアル・サウンド・プロセッサー」という名前になったのかと納得。

一方、音の回りにあったものが整理された分、若干寂しい感じもします。聞き慣れたソースでは、今まで聴いてて聞こえなかったものが聴こえる一方で、ここでこの音がするはずと思った音が出て来ずにビックリ。

エージングでの変化は非常に大きいです。
試聴50時間ほどして初めて本領を発揮しました。当初は、ある曲のある音にしか効かない感じでしたが、効果度が徐々に増し、かつ拡がってくる感じです。

また、音量でいうと、大音量ほど効果が大きいように思いました。ケーブルは、60cm と 30cm を謀らずも比較することになりましたが、短いほど良いというのも正解のようです。

**プログでのレポートはコチラ**

**動画レポートも作ってみました。有り無し音声比較付き。**

レス一覧

  1. bytakhag at2014-02-08 14:51

    coiさん、レスありがとうございます。
    音の差がビデオで聴き取れましたか?すごいですね。
    アンプやスピーカーによっても効果は差があるのではないかと思っています。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●スピーカーの適合インピーダンス:10Ω以下が望ましい ●アンプの最大出力:1kW 以下が望ましい ●外形寸法:100W×47H×117Dmm ●質量:約 245g