takhag
takhag
9.5畳専用室で2chオーディオと7.1.2chAVシステムの両立を目指しています。その他に家族で楽しむリビング7.1chも構築しました。日々グレードアップを画策中です。

マイルーム

専用室+リビングシアターで邁進中!
専用室+リビングシアターで邁進中!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上
9.5畳間の専用ルームと家族と過ごすリビング・シアターの二本立てで構成しています。 9.5畳間は、2chオーディオと、プロジェクタ中心のビジュアルです。 リビングは家族で気軽に楽しむ50インチプラ…
所有製品

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

Minimus
ENTREQ
Minimus
¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)
発売:2016年1月29日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

「不思議な箱」って魅力的・・・!?

つい出来心、というか雑誌記事の誘惑に乗って、Entreq の グランドボックス Minimus を導入しました。今回は、その導入レポートです。

以前にも書きましたが、我が家の電源環境は残念ながら「劣悪」。住宅街なのですが、同一トランス内に何か恐ろしい機器をつないでいる人が居るようで、その機器が(多分)動いている時は、ひどい音になります。
また、アースも、漏電対策も危うい接地抵抗しか出ていません。
そのため、電源系のアクセサリーの効果は絶大で、かなりの音の変化があります。

そんなわけで、Entreq の「不思議な箱」も、興味は有ったのですが、高額ということもあり、敬遠しておりました。
そこに出たのが、小型で設置性もよく、なによりお手頃価格な本機。
"Silver Minimus"と"Minimus"の2グレードありますが、私が導入したのは、安い方の"Minimus"です。

**詳細レポートはコチラ**

音の印象です。
接続前の第六感的には「雑味がとれて、柔らかい音になる」と思っていました。「木工工芸品」感がそんな印象を私に与えたようです。

実際に繋いでみると、意外な展開です。
変化は確かにあります。が、どちらかというと解像感が上がり方向です。残響成分や倍音も素直に出て、よく聴こえる感じ。また、アナログも聴いてみましたが、こちらも、カートリッジを変更したかのように、音にツヤが出ました。

ただし、全体にエージング不足のスピーカーカーブルで聴いているような、音の雑味が感じられます。もしかすると、これもエージングが必要なのかもしれません。もうちょっと時間をかけて確認していきたいと思います。

「不思議な箱」以外に形容のしようのない本機ですが、少なくとも我が家(繰り返しますが、「劣悪電源環境」)では、「変化」は感じられました。エージング、使いこなしで印象は変わるかもしれませんが、我が家のシステムには合いそうです。「工芸品感」からすると微妙な価格設定ではありますが、清水の舞台ほどは高くない飛び降り具合ですので、飛び降りてみる価値はあろうかと思いました。

レス一覧

  1. bymerry at2016-03-04 17:26

    takhagさん

    昨年から噂のあった小型廉価版が発売されましたね。

    一昨年からしばらく大型のものを所有していた友人は「アース線でもかなり音が変わる。アースループの事を考えると、近々小型廉価版が発売されるので、必要な分だけ小型で揃える方が良いと思う。」と言っていました。

    エージングも含めたレビューを楽しみにしています。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●ターミナル数:1 ●接続対応機器数:2 ●外形寸法:170W×80H×190Dmm(背面端子部含まず) ●質量:2kg