VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

レビュー/コメント

OYAIDE
BR-ONE
¥2,520(税込)
発売:2011年8月20日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

MJ-12のマストアイテム

現在使用中のターンテーブルシートMJ-12のマストアイテムとしてオヤイデからBR-ONEが発売されました。
どこで買おうかと検索していたらちょうどモニターを募集していたので応募したら珍しく当選。

材質はブチルゴムで1mm厚の粘着性はないシート。
fo.Qの1mmシートよりやわらかい。
オマケでPPコート紙製のストロボスコープ&オーバーハングゲージが付属する。

試聴はターンテーブルシートに敏感なGT-2000で行う。

プラッター+BR-ONE+MJ-12

以前GT-2000の必須アイテムとしてMJ-12を評価したがMJ-12のマストアイテムとして登場したBR-ONEを使うとどうなるか?

MJ-12自体非常に加工精度が高くターンテーブルとの密着もよく滑る感覚はない。
MJ-12だけの場合解像度の高い元気な音だがBR-ONEを併用することによって元気さが後退し落ち着いた音調でテンポがゆっくりになった感覚になる。
解像度が落ちた感じはなく音が弾み深く沈み込む感じが気持ちいい。
BR-ONEをはずしてMJ-12のみで再試聴。
極端に変化するわけではないが何か物足りない感じになった。
再度BR-ONEを装着。定位が明確になり音に張りも出る。
確かにこれはマストアイテムだ。

BR-ONEはプラッターと硬質のターンテーブルシートの間に出来る隙間を埋めて滑り止めと共鳴を抑える効果を期待している。
硬質といえば以前作った3mm厚のCFRPターンテーブルシート。
fo.Qとの併用でそこそこの音は出たがレコード盤との密着性や滑りの問題を解決できずMJ-12に変わってしまった。
BR-ONEを併用して再度検証してみる。

プラッター+BR-ONE+CFRP
高解像度、高域の伸びが華やか。
音は良く弾むが低域の沈み込みはMJ-12程はない。
久しぶりに聴くがこれはこれで良い。さらにfo.Qの1mmシートを使うとBR-ONE+MJ-12に匹敵する音質が得られた。

BR-ONEは硬質ターンテーブルシートを使用していてfo.Qの1mmシートより安価で手に入れられるスペーサーとしてお勧めです。
ただし単体での使用は残念ながらfo.Qの1mmシートより落ちます。

レス一覧

  1. byRay at2011-08-28 23:09

    VOTTA7さん お久です。

    モニター当選ですか。いいな!良いな!
    小生もこのモニターに応募しましたが、見事に外れ、早速近くのお店に注文しましたが、取り寄せとの事で未だに手にしておりません。

    今回のレビューを読ませて頂き早く現物を確認したい思いに駆られました。
    早く来ないかな〜〜〜。

  2. byマーサ君 at2011-08-29 08:52

    VOTTA7さん、はじめまして!
    ターンテーブルシートのレビュー拝見しました。
    私もMJ-12をGT-2000Lに使っております。
    MJ-12に換えてからは、GT-2000L付属のシートよりは圧倒的にクリアーになりましたがジャンルによってはハイ上がりになる傾向がございました。
    試聴にお使いのLPレコードはどれをお使いでしょうか?
    お薦めがございましたら宜しくお願い致します。

    BR-ONEの購入を検討しないといけないと思います。


    お気に入りに追加させて頂きました。
    今後とも宜しくお願い致します。

  3. byVOTTA7 at2011-08-29 21:00

    Rayさん、こんばんは。

    こういうのは滅多に当たらないので、出来ればもう少し高価なものが当たって欲しかったのですが(笑)

    MJ-12+BR-ONE使用でのデメリットは感じませんので安心してお勧め出来ます。MJ-12+BR-ONEの形で販売するべきだと思いました。

  4. byVOTTA7 at2011-08-29 21:07

    マーサ君さん、こんばんは。

    GT-2000LにMJ-12は必須アイテムならBR-ONEはMJ-12の必須アイテムだと思います。

    >ジャンルによってはハイ上がりになる傾向
    これは私が元気な音と感じているところでしょうか。
    そうだとすればBR-ONEの導入で改善できると思いますよ。

    試聴ディスクには一枚で済ますことが出来るように録音が良く、男女ボーカル+ビッグバンドの構成で何度聴いても楽しく飽きない
    マンハッタン・トランスファー Coming Out
    を選びました。
    試聴スタイルも眉間にしわを寄せて聞き込む様なことはせず、片面を再生し、うまく再生できれば自然に小躍りしたくなる組み合わせを評価しました(笑)

    クラシックは聴き所がよくわからないので検証していません(^^;

  5. byマーサ君 at2011-08-30 08:46

    VOTTA7さん、おはようございます。
    早速、BR-ONE注文しました(*^_^*)!

    マンハッタン・トランスファー Coming Out
    私の試聴ディスクにさせて頂きました!

    重ね重ねお礼を申し上げます。

    導入後、レポする予定でございますm(_ _)m。

  6. byVOTTA7 at2011-08-30 21:36

    マーサ君さん、BR-ONEはお勧めですがComing Outは好き嫌いがあるかも(^^;

    ターンテーブルシートの試聴は何回もレコード盤をかけ返るので傷ついてもいい中古盤で済ませただけでたまたまそれがComing Outだったりして(笑)
    ラテンリズムが好きならいいのですが(^^;
    録音は当時としては良いです。

  7. byamber at2011-09-03 22:36

    VOTTA7さん、こんばんは。
    モニター当選おめでとうございます。モノの方が使用者を選んでやってきたのかもしれませんね。我が家でもこのごろ、カーボンのシートの下にセーム皮など試していたところですのです。1mmぐらいの厚みだとちょうどよさそうですね。

  8. byVOTTA7 at2011-09-03 23:45

    amberさん、こんばんは。

    セーム皮は試したことはありませんがどちらにしても硬質のシートには軟性のシートの併用は必要ですね。
    個人的には0.2mm~0.5mm位の薄さのシートだともっと応用が利きそうで面白いと思うんですが。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●材質:ブチルゴム ●厚み:1mm ●質量:80g ●付属品:ストロボスコープ(33/45/78回転、50/60Hz両対応、PPコート紙製、パッケージに印刷)、オーバーハングゲージ(計測可能範囲5~30mm、ストロボスコープ中心付近に印刷)