VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

MAS-reference
ABA
MAS-reference
¥19,950(税込)
発売:2007年6月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ三昧

ABA A-40のメーカーのHPに紹介されたアナログスタビライザーMAS-referenceが気になってB-50追加を後回しにして購入してみました。
今までアナログスタビライザーはAT639、YDS-3に自作の3mm厚と5mm厚のCFRPスタビライザーを組み合わせて使っていましたが、多少変化はあるものの特にこれが一番という組み合わせは無かった。
MAS-referenceはさすがに劇的変化は無いが、これで聴くと確かに固有音が乗らない。
A-40を使う前まではCFRPを使って色々試したが解像度は上がるが使いすぎると高域に問題があることは分っていました。
MAS-referenceと比較してCFRPスタビライザーを使うと高域にかなり癖があることがわかった。
マグネシウムはCFRPと同様解像度が上げる効果があり、さらにMAS-referenceの方が固有音が乗らないので聴いていて自然で安心感がある再生をする。
針を落としたときのノイズも小さくなった。
ただソフトによってはCFRPを併用して聴きたくなる物もある。

試聴には以下のプレーヤーを使用したがどちらのプレーヤーでも同様の効果があることを確認。
YAMAHA GT2000+YSA-1+光悦シグネチアウッド
ターンテーブルシートはフォック1mm厚を滑り止めにして自作3mm厚のCFRPを使用。
SONY TB-1000+TTS8000+PUA-9+DL103
ターンテーブルシートLAXMAN PM-2

価格は決して安いと思わないが中途半端なアナログスタビライザーを買うならちょっと無理して手に入れた方がよい。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●材質:純度99.6%の純マグネシウム+フッ素系合成ゴムリング ●質量:250g