astir
astir
2012年に奈良から横浜に引っ越してきました。オーディオ歴は12年目。5.4畳の部屋で苦闘中です。

マイルーム

ニアフィールドで広大な音場が欲しい!
ニアフィールドで広大な音場が欲しい!
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2014年1月時点での様子です。部屋を横長にしてから、左右の広がりがかなり改善されました。ルーメンホワイトにしてから、803Dよりも前にせり出している為、リスニングポジションまでわずか1.5mしかあり…
所有製品

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

803D
B&W
803D
¥630,000(税込)
発売:2005年月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ハイエンドの入り口

初代SPであるPMCのFB1からのグレードアップで購入したSP。
6年ほど前、100万クラスのトールボーイでこれといった製品が無く、グレードアップするにもどれを買おうか迷っていた時期に発表された機種。
大阪の河口無線に設置されていた802Dを視聴した時に、どこまでも伸びてゆく高音に一瞬にして心奪われてしまい購入を決意。音だけを考えたら802Dが理想だが、扱いやすさや部屋の大きさから803Dを選択。
実物を見ないまま直感で買ってしまったSPではあるが、ミドルクラスからハイエンドの入り口に音のレベルを一気に引き上げてくれたSPである。
当時の駆動系は
プレーヤー:ESOTERIC DV-50
AVプリ:AIRBOW PS7300SP
PW:Mark Levinson No.29L

購入時の設置環境は12畳の和室であった為、巷で言われているような低音過多にはならなかった。
ボリュームはあるものの、ボワボワしない為、聴き心地は悪くない。
高域は河口での衝撃がよみがえる美しさ。
この伸びきり感は他のツイーターでは中々味わえない。

FB-1に比べると低中高、S/N、Dレンジなど全てのスペックが2~3ランクあがったイメージ
購入から6年ほど経つが、今でもここから買い換えて何があるのだろうと思わせる。
私にとっては非常に満足度の高いSPであった。

SPそのものの音質傾向としては、多くの人が述べている通り、優等生的な音である。
しかし、決してつまらない音ではない。
ジャンルに特化したSPは、ある特定のソースには抜群の相性を見せるが、
JAZZを中心に、メタル、POPS、WORLD、クラシックなど、なんでもありの雑食聴きをする私には、
高レベルで安定した音を聞かせるB&Wは最高のパートナー。
803Dの性格もあるとは思うが、コンボスタイルの女性JAZZボーカルには無類の強さを発揮する。
ハイスピードな音がもたらすビシッと決まる定位と音そのものの美しさにやられてしまう。
接続する機器にも敏感に反応するし、追い込む程に音が良くなる為、懐の深さはまだまだ見えていない。
設置環境にも大きく影響される為、真の実力を発揮するには15畳以上のスペースは必要と思われる。

しかし、2011年2月、転勤が決定。横浜に住む事になった。
ハイエンドコンパクトSPへの買い替えを検討しなくてはならないと思い、
色々と視聴を繰り返したが、どうしても大型SPのスケール感はでない。
音質のグレードが下がるというのはマニアにとっては苦痛以外の何者でもない。
結局、妥協するのがイヤでそのまま持ってきたのだが、新しい部屋は洋室5.4畳

とりあえず繋いで出た音は、それはそれは酷い音だった。
単音だけであればまだマシなのだが、余計な響きとバランスの悪さで大変な事になっている。

機器のスペックは間違いない、一から出直してあの美しい響きを取り戻したい。

2011年5月の接続機器
プレーヤー:ESOTERIC UX-1 LIMITED
プリ:TRIGON TRV-100
パワー:LINN KLIMAX TWIN

レス一覧

  1. byastir at2011-05-27 23:18

    でかんさん
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    FB1はオーディオを始めた時にその音に感動し、かなり無理して買ったSPなので思い入れが沢山あります。
    比較的コンパクトなトールボーイですが、他のSPにはないマッシブな低音が印象的でした。
    実は、転勤するときにはFB1signatureへの変更も真剣に悩みました。
    これからの日記にも書く予定なのですが、正直今のメインシステムはリビングの総額10万にも満たない小型システムにすらバランス面で劣っています。

    私もでかんさんと同じくオーディオ無しの生活は考えられません。頑張って昔の音を越えれるよう努力します。

  2. byminormeeting at2011-05-28 00:25

    astirさん

    FB1導入時に家で聞かせてもらったときに、本当に驚きました。
    これがオーディオか!みたいな。
    僕は低音よりも、定位とか立上りの速さに驚いたよ。

    ボーカルの声の定位感やリアルさ、初めて鳥肌が立つという感じが分かった。ウーハーがべとべとしている素材だったり本当に一々驚いたね。とにかく興奮していろいろ聞いて、素晴らしいSPだったと思うよ。僕はTB2持ってたけど、全然レベルが違ってた。

    803DはFB1と違って聞く機会が少なかったけど、とにかく悪いところがないよね。部屋にもマッチしていたし、奈良時代は相当高いレベルに達していたから、今の苦労はよく理解できます。オーディオってやはり部屋が何割かの比重占めているよね。。

    それにしても、FB1導入時は、FB1とSAラボのハイエンドホースがあれば最強と思っていたけど、今考えると懐かしいですね。

  3. byastir at2011-05-30 12:55

    minormeetingさん

    FB1は本当に衝撃だったね。
    当時は目の前にSPをおいても、それが鳴ってるとはとても思えないくらいで・・・
    たぶんあの時からSPは無理してでも欲しい物を手に入れた方がいいって感じてるんでしょう。
    803Dはこの土日で少しレベルアップしました。来週には最終兵器APEQの設定も出来るのでまた日記に書きます。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●形式:3ウェイ5スピーカー、バスレフ型 ●使用ユニット:3×180mmロハセルコーン・ウーファー、1×150mmウォーブン・ケブラーコーン・FSTミッドレンジ、25mmチューブローディング・ダイヤモンドドーム・トゥイーター ●再生周波数帯域:28Hz〜33kHz(-6dB) ●周波数レスポンス:35Hz〜28kHz(±3dB) ●出力音圧レベル:90dB(2.83V/1m) ●公称インピーダンス:8Ω(最低3.0Ω) ●クロスオーバー周波数:350Hz、4kHz ●推奨パワーアンプ出力:50W〜375W ●外形寸法:306W×1164H×457Dmm ●質量:45kg ●カラー:チェリー、ローズナット、ブラックアッシュ