astir
astir
2012年に奈良から横浜に引っ越してきました。オーディオ歴は12年目。5.4畳の部屋で苦闘中です。

マイルーム

ニアフィールドで広大な音場が欲しい!
ニアフィールドで広大な音場が欲しい!
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2014年1月時点での様子です。部屋を横長にしてから、左右の広がりがかなり改善されました。ルーメンホワイトにしてから、803Dよりも前にせり出している為、リスニングポジションまでわずか1.5mしかあり…
所有製品

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

UX-1 Limited
ESOTERIC
UX-1 Limited
¥1,365,000(税込)
発売:2006年1月初旬
このモデルは生産を完了しています
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

満足度の高いプレーヤー

例によって当時の機材から

プレーヤー:ESOTERIC DV-50
プリ:TRIGON TRV-100
パワー:LINN KLIMAX TWIN
SP:B&W 803D

当時臨時収入があり、次はプレーヤーの買い替えを検討していた。
PCオーディオの黎明期でもあり、各所でデジタルファイルオーディオの優位性が言われていた。
私もebayで直輸入したE-MU 0404USBの音に感激し、真剣にPCオーディオ化も視野に入っていた。
2万そこそこで購入したE-MUが、ソースによってはDV50を上回る音を出していたのだ。
もう少しお金をかければ凄いシステムになる事は容易に想像される。

しかし、ここでネックになったのが機器の多さである。
デジタルファイルとはいえ、PCが立ち上がっていると、音楽を聴いていても気持ちが乗らない。
PCレスで再生しようとなると筆頭に上がるのはやはりLINNのDSシリーズ
アサヒステレオセンターで話を聞いたときも100万クラスのプレーヤーならMAJIKDSの方が良いよと言われており、
正直DSへの興味は尽きない。
しかし、機器が多すぎるのである。
DSだけならまだいいのだが、無線LANルーター、NASの買い替え、コントローラーであるipodtouchも買わないといけないし、さらにはルーターからDSまでLANケーブルを繋ぐことに対して、嫁の許可を得なければならない。
そうして導入したとしてもプレーヤーが全く無いのもつらいので、DV50は置いたまま。
ハードルも費用も高いのだ。

そこに現れたのがDV50の進化系のUX-1 しかもLIMITEDモデルの中古品。
私がDV50を購入したときはこれがユニバーサルプレーヤーのハイエンドであり、VRDS搭載機器は存在していなかった。
その後リリースされたものの、100万オーバーの価格に諦めが入っていた。

面白い事に、2CH専用のX-01シリーズは中古でも比較的高いのだが、ユニバーサルのUXシリーズは中古の値下幅が大きい。
この時購入した価格も本体価格からしたら非常に安かったのだ。
只でさえ安価なのに、決算セールとかで購入金額は定価の3割強。
LIMITEDモデルは逸品館でも高く評価されているのも購入を後押しした。

DV-50はESOTERICモデルの中でも比較的柔らかめだと感じているが、
このUX-1ltdもその延長線上にある音質だと感じている。
当然一般的なプレーヤーに比べればソリッドな感触ではあるが、決してガチガチではないと感じている。
DV-50との違いは情報量と実在感だろう。
特に情報量については、えぐり出すように細部まで聞こえるようだ。
X-01に比べれば劣るのかもしれないが、この価格なら全く問題ない。
VRDSメカの搭載されたプレーヤーは心理的にも大きな満足感、安心感がある。

ただ、VRDSには大きな欠点がある。
それはディスク回転の音が大きいのである。
最近の05シリーズなどはかなり静かになっているようだが、これはかなりうるさい。
特に1曲目は音が大きく、静かなクラシックなどでははっきりとノイズとして認識される。
これでは音のS/Nがいくら良くてもダメだ。
使い始めて1週間くらいで、その音に耐えきれずヤフオクで売ろうと本気で考えていた。

これには解決法が存在した。
思いつきから始めたのだが、オーディオボードの下にさらにインシュレーターを敷いたところ、
感知されるノイズとしては激減したのである。
当時のシステムではラックを使用しなかったため、
床→ボード→インシュレーター→機器となっていたのを
床→インシュレーター→ボード→機器としたのだ。
その結果、音質も向上し、回転ノイズも抑えられた。

ちなみにこの方法はアンプにも適用したところ、こちらも効果が認められた。
きちんとしたインシュレーターでなくても、ホームセンターで売っている木材ブロックでもOKなので
床にボードを直接敷いている人は試してみて欲しい。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●再生可能ディスク:DVDビデオ、DVDオーディオ、SACD、CD、CD-R、CD-RW、ビデオCD、DVD-R、DVD-RW ●映像出力: DVI映像出力1、S1/S2映像出力2、映像出力2、コンポーネント映像出力1、D1/D2端子1 ●アナログ音声出力:フロントL/R(RCA1/XLR1)、センター、サブウーファー、サラウンドL/R(RCA1) ●ダイナミックレンジ:108dB ●全高調波歪率:0.001% ●周波数特性:5Hz〜58kHz(-3dB)SACD ●デジタル出力:光デジタル1、同軸デジタル1 ●ワードシンク入力:BNC端子×1 ●消費電力:36W ●最大外形寸法:442W×153H×353Dmm(突起部含む) ●質量:25kg