ころすけ
ころすけ
視聴ジャンルは、洋画、邦画、アニメ、クラシック、ジャズ、POPS、歌謡曲です。 平成4年(1992年)9月にホームシアター兼用のオーディオルームを備えたマイホームが完成しました。 ハイビジョンがデ…

マイルーム

ころすけのマイルーム紹介
ころすけのマイルーム紹介
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
 物があふれていて恥ずかしいですが、オーディオルームのスクリーン側です。  2.5間*3間の15畳ですが、防音のため内壁を厚くしたため、実質14畳もないかも知れません。  現在のスクリーン…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

HDR-PJ790V
SONY
HDR-PJ790V(Handycam)
¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
発売:2013年1月18日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

売れ残りを探しました

 購入は2014年3月。

 HDが当たり前の昨今、SDビデオのPanasonic NV-GS400Kでは撮る気も出ず・・・そろそろ次を・・・と考えて辿り着いたのがこの機種。

 条件は、

・ 録音レベルがマニュアル調整できるもの(至近で鳴る大音量に対応)
・ 屋外撮影用なので、マイクにウィンドスクリーンは必須
・ 手持ちで出来る限り安定した映像が撮れること(現在は三脚使用不可のため)
・ 記憶メディアはmicroSDXCではなくSDXCであること(メディア単価が1/2)
・ できるだけ軽量なこと

です。

 調べていくと、屋外で長時間手持ちで動くものを撮影するという私の用途では、SONYの「空間光学手ぶれ補正」が最良であることが判りました。

 4K対応機種は、「空間光学手ぶれ補正」ではなく、大きく重く最初から脱落。
 一方、通常のハンディカムは、録音レベルのマニュアル調整が内蔵マイクにしかできないという摩訶不思議な仕様。(何故?????)

 唯一、私の条件を満たしたのが、既に製造中止で流通在庫もほとんどなくなっていた、このHDR-PJ790Vでした。

 ネットでは、在庫処分の嵐が2ヶ月前に収まり、最安値が反転し大幅に上昇。
 一縷の望みを託して、地元のカメラ店、電気店を回ってみると、何とK'sに展示処分品があったのでした!

 それをネット処分最安値付近まで値切って購入。
 その後、ハンドストラップ取付部にヒビ割れを発見し(当然代品がないので)修理してもらいました。


<操作性>
 各種設定を画面タッチで行うのは、非常に面倒かつ即応不能・・・だけど、軽量コンパクトに作るには仕方がないのか?

<マイク・音質>
 5.1ch録音は、周囲の音=雑音騒音を拾い台無しになってしまったので1回で止めました。

 ネットの匿名掲示板で散々叩かれたこの飛び出したマイクですが、効能は確かにあります!
 匿名掲示板を鵜呑みにしてはいけません。

 まず、タッチノイズ低減効果がかなりあります。(構造上効果はないと思われたのですが・・・)
 もさもさのウィンドスクリーンも、内蔵マイクむき出しの他機種とは段違いの効果があります。

 但し・・・音質はプアーです、内蔵マイクの域を出ません。w
 周波数レンジ、ダイナミックレンジ共に狭く、音も薄っぺらです。

 外部マイクでは音量調整がオートになってしまうので、これはあきらめるしかありません。


<画質>
 私の期待が強すぎたようで、どうにかこうにか及第点。(1080-60p)
 具体的には、緻密さに欠ける、映像が粗い、動きにスムーズさが欠ける。

 HD放送のTVには遠く及びません・・・ファミリー向けの製品なので、こんなものなんだ・・・と納得するしかないですね。


<手持ち撮影>
 手持ち撮影映像の安定性は抜群、期待を大きく上回りました!
 ほぼ静止状態だと「空間光学手ぶれ補正」の弱点のゆらぎが認められますが、そんなの、どーでもいいです。

 重さは感じますが、1回30分程度は何とか耐えられます。
 この点だけは、周りで小型軽量なビデオカメラを使っている人がうらやましいです。


<記録メディア>
 amazonで、SuperTalent SDカード 128GB CLASS10 ST28SDC10を購入。
 内蔵96GB+標準サイズのSDXC128GB、計224GBの状態です。

 一週間程度なら128GBで足ります。
 内蔵96GBは転送手間の関係で使ったことがありません。


<バッテリー>
 amazonのNP-FV70互換品2個セットを購入し、計3個で運用。
 手持ちなので、FV50タイプが良かったのですが、あの頃はFV50タイプは高くて・・・w


<バッテリーチャージャー>
 同じくamazonの100V/12V兼用タイプを1個。

 あと、さらに追加で、ドスパラ(上海問屋)の何でも充電できる充電器DN-10740を購入。
 これは便利です。
 ビデオ、デジカメなど様々なバッテリーに対応できる位置可変&+-自動判別の充電端子(ツメ)の他、単三、単四、006P充電対応、USB出力もあります。
 旅行の時に、充電器忘れた経験はありませんか?
 旅行カバンに常に入れておくのがお勧めです。


<ショルダーベルト>
 評判の良いBLT-HSAをSONYストアから直買い。
 安いのに、しっかりとした幅があり、滑らず、手持ち撮影派の自分には、とても的を得た製品です。
 ファッション性重視のSTP-XSM1は、この真逆・・・w


<ケース>
 本体にバッテリー1個+ショルダーベルトを付けた状態で、予備バッテリー2個収納できればOK。
 理想は、軽量、コンパクト、防水なのですが・・・あの飛び出たマイクが邪魔で、なかなか良いものがありません。

 探しまくって妥協したのが、HAKUBAフォティナ・キャトル・カメラバッグS (SFT-QTCBS)。
 外寸W200、H110、D115mm、内寸W175、H90、D85mmで、非防水だけど、ほぼピッタリ。
 セミハードタイプなので、リュックにガサガサ詰め込んで、中で下敷きになってもOK。

 色は、ブラック、レッド、ネイビー、どれも良い色で迷いました。
 日中の温度上昇を考えると、ブラック以外が良い。
 雑踏の中で夜間撮影もするので、できればレッドが目立って良い。
 だけど、結局一番しっくりきたネイビーにしました。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●撮像素子:有効614万画素(16:9) 1/2.88型"Exmor R" CMOSセンサー ●レンズ:カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」 ●ズーム:光学10倍 ●内蔵メモリー:96GB ●記録媒体:メモリースティック PROデュオ/メモリースティック PRO-HGデュオ、SDXC/SDHC/SDメモリーカード ●モニター:3.0型(16:9) 92.1万ドット エクストラファイン液晶 ●外形寸法:74.2W×84.6H×137.5Dmm ●質量:約575g