ころすけ
ころすけ
視聴ジャンルは、洋画、邦画、アニメ、クラシック、ジャズ、POPS、歌謡曲です。 平成4年(1992年)9月にホームシアター兼用のオーディオルームを備えたマイホームが完成しました。 ハイビジョンがデ…

マイルーム

ころすけのマイルーム紹介
ころすけのマイルーム紹介
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
 物があふれていて恥ずかしいですが、オーディオルームのスクリーン側です。  2.5間*3間の15畳ですが、防音のため内壁を厚くしたため、実質14畳もないかも知れません。  現在のスクリーン…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

JVC
GZ-N1(Everio)
¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
発売:2013年12月下旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

Baby Movie

 世は4K時代に入りつつありますが、まだ一般的な家庭用録画機もなければ、放送番組も限られるので、うちではパソコン用のディスプレイ以外4K対応はありません。

 FHDに限れば、HDR-PJ790Vはなかなか良くて気に入っています。
 ただ、時にはその大きさ重さに困ることもありまして、ステレオ録音対応のGoPro HERO5を調べていたら、Baby Movieにぶち当たりました。

 GoProは超小型・超軽量だしマウントも豊富、無限の可能性を感じますが、魚眼補正された画像を見ると周辺に破たんがチラホラ見えます。
 音のクオリティもビデオカメラを超えることはなさそうだし、ここはもう1回FHDムービーに転んでみました。

 GZ-N1とっても小さいですね。
 これで、FHDかつステレオ録音対応ですよ・・・

 無論欠点もあって、ビューファインダーなしで液晶が小さく、めいっぱい明るくしても屋外で見えづらいことがあるとか、フィルターマウントのネジがなくてフィルターが使えないとか、逆光の時に前面保護ガラスに反射があるとか・・・まぁいろいろ。

 それでもね、2段階ですけど録画音量調整ができるとか、ツボを押さえてあるんですね~。

 2月に、USJ、TDRへ行ったのですが、HDR-PJ790Vの代わりにGZ-N1を相棒に選んでみました。
 音量調整のほうは、まぁ、TDRのパレードレベルだと、まったく対策されていないビデオカメラより遥かにマシですが、やっぱり音割れします・・・この点は不合格。
 但し、そのコンパクトさからくる機動力・・・ポケットからさっと出して数秒で撮影可能、軽さのもたらす疲労感の少なさ・・・HDR-PJ790Vで25分撮るとなると重さで後半は手が震えようとしますが、まったくそんなことなし、占有面積の少なさ・・・ちょっとした台の上に乗せて内蔵チルトスタンドを引き出せば撮影可能!素晴らしいですね。

 こんなにも良いものなのに何故か製造中止になってしまいました。
 JVC様、是非、液晶の大きさ明るさとフィルターネジと音量調整を改良した後継機を出し下さい。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●撮影素子:1/2.3型 裏面照射型CMOSセンサー、1276万画素 ●有効画素数:動画…427万画素〜92万画素、静止画…359万画素(16:9時)/479万画素(4:3時) ●液晶モニター:クリアブライトII、画面サイズ 1.8型ワイド(8.4万ドット)、パネル素子 2.0型(11.2万ドット) ●ズーム:光学10倍/ダイナミック22倍/デジタル200倍 ●記録媒体:内蔵メモリー8GB、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●入出力端子:USB(ミニ)、HDMI出力(ミニ、CEC対応)、AV出力(φ3.5mmミニプラグ)、DC入力 ●消費電力:2.8W(液晶バックライト標準時) ●外形寸法:47W×56H×86Dmm(最大突起部含む) ●質量:約150g(バッテリー装着時 約180g)