PolarBear
PolarBear
ワイヤレスで音楽再生を楽しむという青年期の夢がもう日常のこととなった時代です。気がつくと初めてオーディオを購入したときから40年近くが経ってしまいました。その間に大きく変わったもの、変わらず脈々と受け…

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

SRS-HG10
SONY
SRS-HG10(h.ear go 2)
¥OPEN(予想実売価格25,000円前後)
発売:2018年5月12日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

割り切りが必要な商品。

ROONサーバーの出力用として購入しました。WiFi対応という限られた選択肢の中からの選択です。当然の事ながら、高価なメインシステムと比較して音質がどうこう語れるような出来ではありません。非常にコンパクトであり、使い勝手が良く、それなりに流し聴きに耐えるという意味ではとても優秀な製品だと思います。変に高い期待を持たず、手頃な価格なスピーカーをお探しの方にはお勧め致します。

レス一覧

  1. byvanilla at2018-11-10 00:04

    PolarBearさん
    はじめまして。

    私も音に拘りがなく、我が家のオーディオ機器の操作が出来ずに、ストレスを溜めているカミさん用にこれを購入しました。
    GoogleのAIスピーカーからも鳴らせるので、カミさんは満足です。

    最近ROONを導入したのですが、予期せずoutputにSRS-HG10が表示され、ROONからも鳴らせることがわかり得した気分です。
    ついでにTV、VIDEOレコーダー、Googleくん2台のDLNA対応機器全てが現れ、音はともかく、家中音楽三昧の環境が構築されました。

    嬉しい誤算です!

  2. byPolarBear at2018-11-10 02:07

    vanilla 様

    はじめまして。とても喜ばしい誤算でしたね。
    奥方様を大切にしておくことは、オーディオを楽しむ上での必須条件と思慮してございます。
    このスピーカーは使い勝手が良いので私も重宝致しております。
    今後とも有益な情報がございましたら、是非交換させてくださいませ。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●スピーカー:φ約35mm(フルレンジ)×2、パッシブラジエーター ●周波数帯域:60Hz - 40kHz ●実用最大出力:24W(12W+12W)●Bluetooth:Ver.4.2 ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP ●対応コーデック:SBC/AAC/LDAC ●バッテリー持続時間:約12時間 ●外形寸法:約204W×62H×60Dmm ●質量:約700g