2Hくん
2Hくん
密閉型大好き人間です。ほぼ満足出来る水準に到達したと思います。凄い音はしないので、普通に聴くと物足りないかもしれません。 少しずつ情報・身辺整理していこうと思います。 美音倶楽部会員番号92 微…

マイルーム

ローコストハイエンドへの道筋……のハズ
ローコストハイエンドへの道筋……のハズ
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
どうもうちは一般のオーディオ好きとは違う独特のバランスなようです。 全然凄い音はしません。期待すると×です(笑) 凄い音は不要。 大音量も不要。 ただ、(音源に則して)自然に鳴る事…
所有製品

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

レビュー/コメント

sc1.0
SOULNOTE
sc1.0
¥147,000(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

入門機

とーーってもいまさらですが、大切にしていた機器ですので、記録も兼ねてのレビューです。

100時間以上のエージングは必須です。それまでは刺激感の強い音でした(当初からプラ足は外してスパイクにしていたので、プラ足の音は不明です)。

本体は兎に角熱い! 右側のダイオードが覗いている部分が特に熱くなります。soulnoteアンプよりも熱いです。もし重ねるときは必ず一番上ですね。

巷の評判では中域にエネルギーのある、前へ前へ飛んでくるJAZZ向けサウンド……なんてことを良く見るのですが、自宅では全くそんな印象ではありませんでした。高域はあまり目立って伸びず、中域はやや出ますがエネルギッシュな感じではなく比較的ナチュラルで、低域はちょっと緩くレスポンスが遅い、……そんな感じでした。音色はあまり多くはなく、脚色もしませんが、僅かに暗めでしょうか。

かなりセッティングに敏感で、置き方やその他機器の影響が強く出ました。今まで聞いて最悪だったのは、某5555の1Fでした。

情報量もそれなりですが、外部DACを装着することで化けます。トランスポートとしての使用の方が良いかもしれないと感じたくらい差がありました。でも今はct1.0が出ていますし、場所を取らず、ローコスト一体型でまずまずの実力機を……と思うならsc1.0は悪くない選択肢の機種だった(製造してないので過去形)と思います。

読み込みもせいぜい6-7秒程度でさほど遅くはないです。

ドライブメカ(CEC製)の耐久性はあまりないようで、だんだんと読み込みが遅くなり、読めないことが増えてきます。適宜レンズクリーナーは廻していたので、レンズ汚れの影響ではないと思います。ネット上でこんな報告は見たことがないので、この症状は僕のだけだったのでしょうか?

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●周波数特性:8Hz〜20kHz(±0.3dB) ●S/N比:105dB ●ダイナミックレンジ:100dB以上 ●全高調波歪率:0.003%(8Hz〜20kHz) ●チャンネルセパレーション:100dB(8Hz〜20kHz) ●アナログ出力:バランス 5.0V、アンバランス 2.5V ●デジタル出力:ノーマル 0.5Vp-p/75Ω、ダイレクト 0.5Vp-p/75Ω ●電源電圧:AC100V 50/60Hz ●消費電力:30W ●外形寸法:420W×98H×221Dmm ●質量:6.2kg