レパード
レパード
PCオーディオ、ネットワークオーディオ、映画、ゲームが好きなオーディオ患者です。

マイルーム

6畳部屋のマイオーディオ
6畳部屋のマイオーディオ
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / 8ch以上
■オーディオシステム構成 1. ネットワークオーディオ N1ZP + KLIMAX DS/K + F-03A+ PL300 2. PCオーディオ N1ZP + canarino fils…
所有製品

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

QUADRASPIRE
Q4D Vent Twin
¥304,500(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

機能美を備えたオーディオラック


以前使っていたオーディオラックは、長方形で角ばったデザイン
でしたが、Q4Dは、棚板と柱にカーブがある機能美を備えたラック
だと思います。

棚板にスリットが入っているので、強度が低いと思いましたが
棚板が分厚いので、細い部分を指で押してもビクともしません。

通常、棚板と柱をしっかり固定しますが、Q4Dは金属の円柱を挟ん
で接合しているので、棚板と柱に揺らぎがあります。
(底板だけダイレクトに接合しており、移動時は最下段の柱を
持って移動させます。)

Q4Dの柱はスリムなので、以前より障害物が少なく、両サイドに
置いたフロントスピーカーへの影響が少し減りました。

レス一覧

  1. bymerlion at2014-05-09 04:11

    レパードさま

    はじめまして。

    私もQ4D Vent(英国本国ではそのものズバリのスノコ・ベントT、SVTの型名です、Twinは2倍でSV2T)を愛用しています。美しいラックです。見た目は軽やかですが、棚板の1インチ厚は伊達ではありせんね。

    Q4D導入前のラックは大工さんに作ってもらったのですが、柱を2インチ、棚板も柱の太さに合わせて合板張り合わせでもいいので2インチで注文したところ、出来上がりの棚厚は予定の1/8の1/4インチで、使ってみると鳴きまくりでアナログプレーヤーはとても置けない失敗作でした。

    内外でQ4Dの音の良さには定評がありましたので導入しました。実際に使ってみると1インチの棚厚で十分な感じです。音の特徴は見た目同様にスッキリした印象です。鳴きまくりのラックに比べればスッキリ聴こえて当然ですね。

    駐在先ではSV2T、東京の自宅でQ4D Ventを使っています。SV2TはQuadraspireから直に購入したのですが、メタルパイプのオプションはありませんでした。東京で求めたQ4D Ventには付いてきましたので試したのですが、最上段にSAEC SBX-3を載せたところ、当たり前ですが、揺らぎが怖くてパイプを外してリジッドな支柱結合にしました。地震でSBX-3が落ちたりしたら床に穴が開きます。

  2. byレパード at2014-05-09 19:13

    merlionさん、コメントありがとうございます。

    イギリスではスノコ・ベントT(SVTの型名)なんですか!
    確かに棚のスリットが、「すのこ」です。
    メーカーが推奨する「ひな壇」の機器配置や
    五重塔を連想する揺らぎのある支柱といい
    日本文化の影響かもしれませんね。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●外形寸法:1105W×612H×472Dmm ●質量:約26.5kg