azumandala
azumandala

マイルーム

ひさびさの更新です。
ひさびさの更新です。
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
しばらくオーディオ熱も冷めていたのですが、PMCのOB1のウーハーが故障し修理にでたのをきっかけにいろいろと機器をアップデートしました。 EMCデザインさんで電源配線工事を行いました。 Eso…
所有製品

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

SATA noise filter
SOTM
SATA noise filter
¥OPEN(直販サイト価格6,300円)
発売:2010年7月23日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

作りはちゃんとしてる。

SSDのCrucial m4 CT256M4SSD2に接続してみました。SATAケーブルはMCO三重シールド20cmに変更、調子に乗ってXPのサービスを削りまくりcMPで立ち上げた時のプロセスは17個に減りました。(svchost.exeはもっと減らせるのかな?)
色々やった結果音に厚みが出てきました。色々いじくったので何が一番効果があったのかは不明ですが、一定の質の向上を確認しました。
総額7000円弱の投資です。
コストパフォーマンス云々、効果云々お伝えしたいことはありますが、今更ながらこんなことで音が変化することに驚き!ました。(というかオーディオってこれがあるからな~ということを再確認しました。)
ベタな言葉で表現すれば、ヴォーカルに艶がのる。とでも言いましょうか、

いったいこれは何?オカルト?電線病?キチガイ沙汰?
それをいうならキチガイSATA(沙汰)でしょう。(笑)

オカルトの語源は「目に見たり、触れて感じられないもの」、もともとAudiophileは目に見えないものを相手にしているのだからいいんじゃないでしょうか~。
聴覚の不確実性なんて当然、プラセボ効果十分のSotMのコンセプトに激しく賛成いたします!

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする