Astro Boy
Astro Boy
オーディオ歴20代スタートから43年、30代から一時離れましたが、50代に復活今日に至っております。 音楽鑑賞と映画鑑賞両方楽しんでおります。

マイルーム

My Audio Room
My Audio Room
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
50代にてオーディオ復活しました。(30年ぶり) 2チャンネルオーディオが主体で、AVサラウンドも楽しんでいます。 ピュアとAVの両立に苦労しています。 最近、Majik DS-IからC2200…
所有製品

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

SANSUI
AU-X1111MOS VINTAGE
¥400,000(税込)
発売:1988年頃
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

忘れられない音

数十年ぶりにオーディオが復活し、長年の誉のSP手に入れ
その次に入手したのがこのアンプです。(サンスイ3台目)
その後、浮気して手放してしまいましたが、未だに忘れられ
ない、素晴らしいアンプでした。
とにかく、繊細で濃い音、水分を感じる再生音でした。
メンテナンスに有名なアクア(水分?)さん依頼しましたが
またいつか手にいれたいと、いつも思っています。

レス一覧

  1. byAstro Boy at2013-03-08 21:10

    こんばんは、103系好きさん
    私もネットでA-90D調べてみました。
    すごい設計のアンプですね、驚きました。
    私も聴いてみたいと思います。
    貴重な情報有り難うございました。

  2. byyumeko at2013-03-09 04:44

    こんばんは。

    弟機の111使ってます。同じくアクアさんでOH(半田修正くらいでしたが)して元気に活動中。ガラスパネルの高級感がたまらなく好きです。見た目だけでも手放せません。

  3. byタグボ~ト at2013-03-09 11:10

    Astro Boyさん、こんにちは。初めまして。

    AU-X1111をお使いだったのですね。
    AU-X1から続いたXシリーズの最後を飾る4世代目ですね。
    既に手放してしまったとのこと、残念です。

    僕も9年ほど前に中古で入手後、いまだ現役で使っています。


    おっしゃる通り、濃い音質なのに繊細な音を出し、
    低域から高域まで文句無しと思います。
    カッコいい外観や多機能とも相まって、なかなか手放せません。

    これは価格コムの記事ですが、各機種の音質について
    とても詳しい人によるまとめになっていますのでご参考にどうぞ。
    http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=13699699/#tab

    いつか程度の良いものが再入手できるよう、お祈り申し上げます。

  4. byタグボ~ト at2013-03-09 23:40

    横レス失礼致します。

    >103系好きさん
    日記のほうもお読みいただいたようで、ご心配いただき
    ありがとうございます。
    AU-X1111の2010年の修理の時は山水電気カスタマーセンターの
    IDK社に依頼しており、今回ももし出すとしたらIDK社にすると
    思います。
    トライオード社のタレスですね、いつでしたか、ファイルウェブで
    紹介記事を書いたのは実を言うと僕です。(笑)
    タレスも心惹かれますね。
    トライオード社の試聴会に参加したことがあり、社長さんの
    オーディオにかける思いはとても伝わってきましたので、
    間違いないと思います。
    どれもこれも、山水電気がこんなことになっていなければ
    済む話なんですけどねえ・・・。今はもうピュアオーディオとは
    かけ離れた製品しか出していませんし。

  5. byAstro Boy at2013-03-16 09:09

    自己レス訂正します。
    山水電気倒産したものと思っていましたが、勘違いでした。
    民事再生認可で再建に向け頑張っているようです。
    だれか、山水に莫大な投資をしてくれる奇特な人現れないか
    なと思っています。
    私の夢は、AU-X1111とAU-07Anniversaryを切り替えながら
    聴けるようにすることです。(夢です)
    ※ AU-07Anniversary 後日レビュー投稿予定です。
    AU-X1111手放した後、現代国産プリメイン最高峰と評価
    されていた機種手に入れ、さすがに感心した再生音でしたが、
    AU-X1111の密度感、艶には及ばなかったです。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●型式:マスターインテグレーテッドアンプ
<パワーアンプ部>
●実効出力(10Hz〜20kHz、両ch動作):150W+150W(6Ω)、110W+110W(8Ω) ●ダイナミックパワー:320W+320W(2Ω)、240W+240W(4Ω)、190W+190W(6Ω) ●全高調波歪率(10Hz〜20kHz、実効出力時):0.008%(8Ω) ●混変調歪(60Hz:7kHz=4:1、SMPTE):0.008%(8Ω) ●ダンピングファクター:200(8Ω) ●周波数特性(1W):DC〜300kHz(+0dB、-3dB) ●入力感度/入力インピーダンス(1kHz):1V(5kΩ) ●S/N比(Aネットワーク):115dB以上 ●ヘッドホン出力:400mW(33Ω) ●負荷インピーダンス:4〜16Ω
<プリアンプ部>
●入力感度/入力インピーダンス(1kHz):Phono MM:2.0mV/47kΩ、Tuner、CD、Tape Play 1、2、3、Line1、2:150mV/47kΩ ●最大許容入力:Phono MM:200mV(1kHz) ●出力電圧(1kHz):Tape Rec(PIN):150mV/47kΩ ●出力インピーダンス(1kHz):Tape Rec(PIN):600Ω以上 ●S/N比(Aネットワーク):Phono MM:88dB以上、Tuner、CD、Tape Play1、2、3、Line1、2:110dB以上
<その他>
●定格消費電力(電気用品取締法):350W ●外形寸法:470W×178H×486Dmm ●質量:35.1kg