take-bb
take-bb
2012年、冬眠から目覚めオーディオ生活が復活! その引き鉄となった魅力的な機器は? 10年振りに機器を刷新⇒ダウンサイジング オーディオ技術の進化は加速度的! 懐具合の衰退…

マイルーム

音は部屋で決まる70%
音は部屋で決まる70%
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
転勤族の経験⇒“音は部屋で決まる70%” 賃貸マンションで 音質良好な部屋と出会うのは極めて稀! セッティングに悪戦苦闘の日々… あぁ苦楽苦楽! ☆マイホームとなっても苦戦は続く… 201…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

レビュー/コメント

WILSON AUDIO
CUB2
-
発売:-
このモデルは生産を完了しています
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

セッティングでサウンド激変!

やっと製品登録され、レビュー対象となった。
このSPはセッティングでサウンドが激変!
いわゆるじゃじゃ馬 楽しくもあり難儀でもあり。

早いもので、同じWILSONのSYSTEM5.1から入れ替えて10年。
S5.1と比べれば足りないところも数あれど…
ダウンサイジング必須な状況により入れ替えを断行。
そこそこに要求を満たしてくれているCUB君。

WILSON特徴のガチガチ箱はほとんど鳴かない。
その素材は、上位機譲りのM&Xマテリアルというらしい…
おまけに、ネットワークを背面外付け、樹脂充填で念入りに防振。
このガチガチ箱にバーチカルツイン構造を採用。
中低域16.5cm×2 高域2.5cm×1(チタン逆ドーム)
鮮烈な切れ味の高域、スピード、メリハリあるタイトな低域。
多少ドンシャリ感あるも、フュージョンフリークの私にはウェルカム!
マーカスのベースなど絶品!

しかし、このCUB君 ご機嫌を取るのがなかなかに難しい。
うっかり鳴らすと音が団子状態でうるさく感じる…
セッティング難易度高し。なかなか実力を発揮してくれません。
・AMPに敏感 
 ⇒先日よりDEVIALET D-PremierAirでドライブ(団子解消に貢献)
・後壁と側壁からの距離、内振り角度に敏感
 ⇒現在、後壁から55cm 側壁から25cm 内振り25°(頻繁に変更)

日々奮闘、CUB君と対話を繰り返し現在に至る。これぞ醍醐味!

CUB君ユーザーのみなさま
良きアドバイス、体験記をお願いします!

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●使用ユニット:2.5cmトゥイーター、16.5cmウーファー×2 ●能率:94dB(1W,1m) ●インピーダンス:4Ω(±1Ω、100Hz〜20kHz) ●周波数帯域:39Hz〜22kHz ●外形寸法:241W×559H×495Dmm ●質量:約34kg