kenken3
kenken3
お気に入りのCDの一つです。→シェフィールドラボのドラムトラックレコード(http://www.sheffieldlab.com/) 高校時代からオーディオにはまり、ホーム、カーオーディオの両方を楽…

マイルーム

B&W CM2からLINN majik140
B&W CM2からLINN majik140
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
http://www.formusic.jp/から新古品で購入したスピーカーB&WのCM2 当時はnakamichiで販売してました。 H29.1.26に22年間使用したB&W CM2からLINN…
所有製品

日記

レビュー/コメント

IA-7E
NU FORCE
IA-7E
¥220,500(税込)
発売:2007年3月下旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

IA-7EV2→V3

IA-7EのV2からV3のアップグレードによるスピーカーの駆動力の変化は別物である。改めてこんな小さなアンプからこんな音がでるなんて不思議です。V2からかなり柔らかい音に変化したと思う。V3の回路は当分続きそうである。パワーでグイグイとスピーカーを鳴らしたい人には、このアンプは受け入れられないと思う。
CM1は低能率のスピーカーですが、このアンプにしてから良くなります。いくら駆動力があると言っても、やはりスピーカーの音色が一番でますので、アンプ変えたからと言って極端に思った音に変わるものではありませんが、このアンプはデモ機を借りて1週間自宅で接続して聞いてから決めましたから、納得しています。

電源を入れた時のポップノイズが結構大きいのが気になります(「ボッ」という音)。異常ではないが気になります・・。アンプの本体温度が意外と熱くなります。

ボリュウムが扱いにくい。LED4個の表示では、どの位上下させたのかわかりずらい。
リモコンはもう少ししっかりしたものがほしい。
これは良いが操作しにくそう(IA-18のリモコン)。
これも参考にどうぞ。

内部はこのようになっている模様(v2?)


その他海外でのレポートと内部画像
http://www.cobrason.com/media/useruploads/files/article/NuForce%20IA7V3%20Stereo%20102011.pdf

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●出力:100W×2 ●再生周波数帯域:100Hz〜20kHz(±0.3dB)、20Hz(-0.9dB)、80Hz(-3dB) ●全高調波歪率:0.05%未満(20Hz〜20kHz@10W/8Ω負荷) ●ダンピングファクター:4,000以上(全周波数帯域で) ●ボリューム:電子切り替え式(-70dB〜+30dB/0.5dBステップ) ●入力:RCAピンジャック×4系統(input1、2、3、4) ●出力:input4をプリアウトにアップグレード可能、アップグレード費用:\6,300税込み(パーツ代」、技術料込み)型番 IA-7E/PREOUT ●スピーカー出力:バインディングポスト×1系統(Yラグ、バナナプラグ、裸線いずれも接続可) ●消費電力:60W(動作時)/15W(スタンバイ時) ●カラーバリエーション:ブラック、シルバー ●外形寸法(ノブ、端子含む):215W×55H×400Dmm ●質量:4kg