MagicMusic
MagicMusic
日記の機器、円盤等のインプレは 大音量時[85dB](ピンクノイズ瞬間最大測定値) になるようなボリューム位置で試聴した印象を書いてて 普段は75dB以下になるボリューム位置で音楽鑑賞してます。…

マイルーム

Ultimate BGM Sounds
Ultimate BGM Sounds
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
都内駅チカで10畳防音のワンルーム フルドラムのフルドライブに負けない音! にしたいなんて妙な願望を封印しつつ ついウタタ寝してしまうような  ~ 心地よいBGMサウンド ~ そ…
所有製品

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

D-08
LUXMAN
D-08
¥997,500(税込)
発売:2008年12月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

D-08効果で音楽三昧

2013年9月追記

Elipsa Red同様、
色々と試聴して実力が把握できてきましたので
6月インプレッションの補足レビューです。

広大でフラットな帯域レンジ。
音質傾向は若干マイルドな感じのする方向性にあり
中低域が若干多めのキャラクターは
付属ケーブル JPA-15000によるもので
変えればフラットになる。
しかし、このケーブルは高低ほどよく伸びていて
滑らかな表現力に捨てがたい魅力がある。

他の方のレビューにあるように
ケーブルによる音質変化があり
組み合わせる機器の自由度が高く
アンプの選択肢が豊富でした。


地味ではあるものの、国産にしてはそこそこのルックス。

トレーの開閉がスムーズで動作音は極めて静か。
数百万の機器に匹敵する高級感がある。


以下、2013年6月
プリメインアンプ: サンスイ AU-α907Limited
スピーカー: ソナスファベール ・エリプサ レッド


D-08にはリマスタリングしてくれるような感じがして
流通している多くのCD/SACDを魅了する音で再生する
ということで導入に至りました。

各ブランドにはブランドの特徴があり、
また各国のブランドはその国らしい
サウンドを出している場合が多い気がします。

D-08は国内ブランドらしく、
価格を超えたパフォーマンスで
音源に忠実な再生能力があります。

そして何よりも優秀録音ではない
大多数のCDを音楽性豊かに再生してくれます。

相反するような要素を見事なまでに両立していて
トレードオフ、ジレンマから解放されるような
まさにハイエンドなサウンド。



エージングには100時間 (通電は300時間)くらいで
音がガラッと変わりました。
これは記録してたわけでなく
納品後からなんとなく逆算した時間で、
留守時に再生してなければ
結構な期間を要することになりますが、
なにはともあれ自宅試聴した時の音に近づきつつあります。

サポートについてラックスマンの方にお伺いしたところ
製造終了後最低でも8年はほぼ対応可能。
最近の事例では30年前の製品で問い合わせがあり、
部品が入手可能だったので対応したとのこと。
大手オーディオメーカーならではの安心感があります。

私的インプレッションでした。

レス一覧

  1. bykitatanuki at2013-11-19 19:09

    MagicMusicさんの
    D-08へのインプレッションは参考になりました。
    多分、クラシック好きの私には合う音質なのだろうと思います。

    ただ、ピックアップは消耗品なのでいつまでメンテできるかですね。それと修理部門の信頼性の問題があります。以前使っていたDUー7を修理に出した時に、ピックアップを交換したという報告だったのに、音飛びが直っていませんでした。

    文句を言ったら、ピックアップを交換してなかったらしいと分かりました。パイオニアでも同じ経験をしていますが、修理部門は儲からないので、別会社で独立採算のケースが増えています。修理の信頼性が低下している時代なのでメンテには注意が必要です。

  2. byMagicMusic at2013-11-19 22:22

    kitatanukiさんありがとうございます。
    プレーヤー選定中に、ピックアップ交換で音が甦ったというkitatanukiさんの日記を見て、部品がなくなるかもしれない2020年前には一度メンテに出そうかなと思うようになりました。その頃のマーケットや生活環境にもよるとは思いますが(-o-;)

    プレーヤーは壊れやすい部品が多そうなので国産にした理由のひとつでもあります。主観ですが趣味性の高いマーケットであることと、大企業でもなく弱小企業でもないラックスマンなら最終的にはなんとかしてくれそうな期待感があります。


    修理ばかりは運次第な気がします。自宅とは違った環境でテストして、再現されないと原因特定できないのでそのまま戻ってくるなんてありますから・・・。オーディオに限らず保険的な交換はしないで、部品代や修理費を請求しないようにするメーカーの配慮といいますか、気を利かせすぎない、余計なことはしないといった感じの時代の流れのような気もします。

    メーカー側にはもっとしっかりして欲しいと思う反面、増加するクレーマー対策にも少々同情します。供給者側の儲け主義によらない継続的な技術進歩と消費者側の対価に見合った良識ある安定した消費が両立されればマーケットは安定するように思います。



    プレーヤー選定中?でしょうか。
    Accuphase, DENON, Esoteric, Luxman, TAD等々
    じっくり選ぶことができれば、あとはシステムに組み込んで、kitatanukiさんほどの経験があればきっと素晴らしい音で鳴らせると思います!

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●対応ディスク:2チャンネルSACD、CD ●アナログ出力:アンバランス 1系統、バランス 1系統 ●デジタル出力(※44.1KHz、CD/CDレイヤーのみ):同軸 1系統、光(TOS-LINK) 1系統 ●デジタル入力 (32, 44.1, 48, 88.2, 96KHz対応):同軸 1系統、光(TOS-LINK) 2系統 ●外形寸法:440W×153H×400Dmm(端子/ノブを含まず) ●質量:23.0kg