funa3
funa3
嫁と私の二人+猫3匹暮らし 専用ルームより、広さを確保して朗々と鳴らしたいため リビングオーディオを楽しんでいます。 二重サッシのおかげで夜遅くに音量を上げても問題なし 但し、家族が居る時…

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
一戸建て、LDKでオーディオを楽しんでいます リビングオーディオの良い点は ・音楽を聴きたい時に聴けること ・専用室よりも空間を広く使えるため音量に対するマージンが大きく取れる事 …
所有製品
  • プラグ/接点保護
    OYAIDE P-046
  • プラグ/接点保護
    OYAIDE C-046
  • その他オーディオ関連機器
    MUTEC MC-3+USB
  • その他アクセサリー
    IFI AUDIO SPDIF iPurifier
  • サブウーファー
    DENON DSW-55SG

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

レビュー/コメント

WBT
WBT-0681Cu(WBT nextgen)
¥12,600(税込)
発売:2008年3月上旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ブランド力と一致した実力


WBTのブランド名は以前から知っていましたが
馴染みのお店で、中古品を勧められて1組(4個)購入しました。

WBTが良いとは聞いていましたが
交換前も「某品館お勧めのY端子」を、電工ペンチでカシメて使用していたため
「電線は同じで端子だけの変更だから、大きな音の変化は無いだろう」
との先入観を持ちながら端子を交換しました。
(パワーアンプ側、高域側だけの交換)

そして第一音を出した瞬間に
スッキリとした靄の晴れたような音の出方に驚きました。
今までも、靄があると思っていなかったのですが
情報量が増えた事で、音の密度が上がり...
コスト差は、決して埋められない差と理解しました。

勢い付いて、新品2組を追加購入し
バイワイヤケーブルの全端子をWBT化したところ
今まで落ち着いていた低域の量感が増して暴れ気味に....
そして5日ほど過ぎた頃、すっかり馴染んで
締まった低域の量感アップに落ち着きました。

まるで、SPケーブル一式をアップグレードしたような変化を体験し
端子に意識とコストをかける事の重要性を改めて知らされました。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする