ikemas
ikemas

マイルーム

メインオーディオ
メインオーディオ
持ち家(戸建) / その他 / その他
2019年1月現在のメインシステム。 YAMAHAの調音パネルを設置してみました。 接続コードは全てLINNで統一、スピーカーコードには塩田電線の電源コードを使用 パワーアンプ:Sa…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

レビュー/コメント

E-600
ACCUPHASE
E-600
¥714,000(税込)
発売:2013年11月中旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

セパレートアンプの音

行きつけのオーディオショップにて予約して購入しました。

組み合わせてるスピーカーはTAOCのFC4500で、2ch再生および5.1chのフロント2chチャンネル担当パワーアンプとして使用してます。

外観上では製品名のロゴがC-3800と同じくエンボス加工されてるのが最上位モデルらしくていい感じです。

バランス入力のメイン・インがプリメインとしては珍しい気がします。

鳴らしてみてまず思ったのが、「セパレートアンプの音だな」ってことでした。
FC4500との相性もよく(TAOCのリファレンスアンプだから?)駆動力もプリメインとしては単体パワーアンプにも勝るとも劣らないレベルのように思います。

純A級アンプのわりに天板が多少あったかくなる程度の発熱量だし、消費電力もデスクトップパソコン程度と扱いやすいのも気に入ってます。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●周波数特性:20Hz〜20kHz(0,-0.5dB、HIGH LEVEL INPUT、定格連続平均出力時) ●全高波歪み率:0.03%(4〜16Ω負荷) ●ダンピングファクター:500(8Ω負荷、50Hz) ●負荷インピーダンス:2〜16Ω ●消費電力:200W(8Ω負荷定格出力時) ●外形寸法:465W×191H×428Dmm ●質量:24.7kg