ikemas
ikemas

マイルーム

メインオーディオ
メインオーディオ
持ち家(戸建) / その他 / その他
2019年1月現在のメインシステム。 YAMAHAの調音パネルを設置してみました。 接続コードは全てLINNで統一、スピーカーコードには塩田電線の電源コードを使用 パワーアンプ:Sa…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

レビュー/コメント

FC4500
TAOC
FC4500
¥498,750(税込)
発売:2010年12月中旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

メイドインジャパン

久しぶりのメイドインジャパンのスピーカーです。

外観は見事に仕上げてあり、

木目を生かした塗装がしてあります。


基本AVシステムのフロント2ch担当ですが、AVアンプでは満足に鳴ってくれないので、

メインアンプはスピーカーと同時購入したAccuphaseのE-600を使用してますが、
このスピーカー、駆動力はさほど必要ないものの、AB級やB級アンプでは、満足いく音質とは程遠く、超弩級AB級アンプさえ、A級プリメインのE-600にはかないませんでした。
なお組み合わせるプリアンプは、AVプリにDENON AVC-A1HDを、2ch再生にAccuphase C-280Lを使用してます。

シングルワイヤリング使用時は付属のケーブルを使用するようですが、

シングルワイヤリングだとなんだかふんずまってぬけの悪い感じになったので、

バイワイヤリング接続してます。

音質は同じスキャンスピークのユニットを使用した他社製ハイエンドスピーカーに負けず劣らずで、心地よい音を奏でてくれます。

レス一覧

  1. byNederburg at2014-08-05 21:41

    Nederburgです。

    数年前の名古屋のオーディオフェスではE-405(E-406 ?)で綺麗に
    鳴っていましたので、何とかなるだろうと
    私のラックスL-550A2を店に持ち込んで、買う気満々でトライ
    してみたところ、見事に撃沈でした。

    同じ店に有ったKensington SEの方がマトモに鳴りました。
    家内からは「顔色悪いよ」と言われる始末。

    TAOCの試聴室にはアキュフェーズのセパレート(合わせて200万円ぐらいの物。縁がないので型番は忘れました)しか置いていないのでフツーのプリメインでどう鳴るかは調べようがないのでしょうね。

    スケスケのサランネットは嫌いですが、音は好きです。
    今でも素晴らしいスピーカーと思いますが、残念です。

    こんなことならL-550A2を1年待って、E-406 + FC4500で
    組み合わせれば良かったかもしれませんが、巡り会わせと
    いうものは思う様に行かないようです。

    そういえば、今度は海外出向先の中国のお店でAdam Column Mk3 Active(アンプ内蔵)を試しましたが、音質の好みが合わず、
    やっぱり諦めました。

    なかなかスピーカー探しは難しい。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●形式:2.5ウェイ バスレフ型 ●ユニット:2.5cm イングラジエータータイプ トゥイーター、18cm スライス土ペーパーコーンタイプ ウーファー ●再生周波数帯域:30Hz〜80kHz ●能率:91dB/2.83V ●インピーダンス:4Ω ●クロスオーバー:3,000Hz ●外形寸法:270W×1,025H×450Dmm ●質量:39kg